劇団四季でメインキャストを務めた俳優・阿部よしつぐ、『1人 de 演劇フェスティバル「ノートルダムの除夜の鐘」』を上演

SPICE



2021年末に劇団四季を退団した俳優・阿部 よしつぐが、2022年7月23日(土)北沢タウンホールにてオリジナル舞台『1人 de 演劇フェスティバル「ノートルダムの除夜の鐘」』を上演する。

阿部が一人で脚本・演出・出演を務める本作品。1部は芝居・2部はコンサートで、世界的文豪ヴィクトル・ユゴー著『ノートルダム・ド・パリ』に着想を得た世界を上演する。1部の芝居では大晦日の夜に老人と孫との会話から繰り広げられる人間味あふれる物語を、2部では生バンドの音楽に乗せて心おどる時間を共有する。

「演劇を通じて心の豊かさや、つながり合えるあたたかさを一人でも多くの方に思い出してほしい」という願いから本公演作りが始まったという。

題材を検討する中で、阿部がオリジナルキャスト(クロパン役)を務めた劇団四季主催「ミュージカル『ノートルダムの鐘』」に出演時の心打たれた経験と感動に立ち戻り、ヴィクトル・ユゴー著『ノートルダム・ド・パリ』に着想を得て自らの作品を作ろうと決意。本作を公演する運びとなった。

脚本・演出・出演 阿部よしつぐ

阿部 よしつぐ
阿部 よしつぐ

多数のミュージカルやストレートプレイ、 コンサートへの出演を重ねる。 高等学校や大学での講師経験及び企業研修の実績も積み、 演劇を通じた自己表現の伝達にも力を入れている。 2021年末劇団四季退団。 在団中5作品でメインキャストを務める。
[出演作品]劇団四季:ノートルダムの鐘(クロパン役)、 アナと雪の女王(オーケン役)、 アラジン(イアーゴ役)他/東宝:レ・ミゼラブル(アンジョルラス役)他 [作・演出]音楽劇「ウレシパモシ」 他

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ