醍醐虎汰朗の頭から黒羽麻璃央、髙嶋政宏、小沢仁志らがあふれだす 映画『野球部に花束を』本ビジュアルを解禁

SPICE


8月11日(木・祝日)公開の映画『野球部に花束を』から、本ビジュアルが解禁された。

『野球部に花束を』は、『ドラフトキング』『べー革』などの野球マンガで知られるクロマツテツロウ氏の同名コミックを初めて映画化するもの。中学時代の野球部生活に別れを告げ、高校生活に期待を膨らませ入学式を迎えた主人公・黒田鉄平とそのクラスメイトたち。野球部の優しい先輩たちに勧誘され、入部することを決めた彼らだったが、仮入部が終わり、いよいよ本入部となった瞬間、先輩たちの態度が豹変する。

主人公の黒田鉄平を演じるのは、映画『天気の子』や舞台『千と千尋の神隠し』出演も控える醍醐虎汰朗。チームメイトの桧垣主圭役で、ミュージカル『刀剣乱舞』や『ロミオ&ジュリエット』などの黒羽麻璃央が共演。さらに“堅気に見えない”野球部の原田監督を『HiGH&LOW』シリーズなどの髙嶋政宏が出演。そのほか、駒木根隆介、市川知宏、三浦健人、里崎智也(野球解説者)、小沢仁志らがキャストに名を連ねている。監督・脚本は 『荒川アンダーザブリッジ』 『虹色デイズ』などの飯塚健氏。

解禁された本ビジュアルでは、諸悪の根源で圧倒的な暴君・原田監督(髙嶋政宏)、小沢仁志ばりに怖い先輩部員、桧垣(黒羽麻璃央)をはじめとする野球部一年たちが、厳しい部活に励む混沌とした様子が、醍醐虎汰朗演じる鉄平の頭からあふれ出ている。また、並んでお弁当を食べる黒田たち一年生5人、部活後の寄り道ハンバーガー、黒田が気になる笑顔の眩しいあの子の姿など、高校球児の忙しい日常が描き出されている。

『野球部に花束を』は8月11日(木・祝) 全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。