『ぼくらのよあけ』メインキャストに杉咲花、悠⽊碧!コメントも到着

2022年10月公開予定の劇場アニメ『ぼくらのよあけ』の声優キャストが解禁。さらに、ティザービジュアル第⼆弾、特報第二弾が公開となった。

『月刊アフタヌーン』(講談社刊)にて連載され、日本で最も⻑い歴史を誇るSF漫画賞である星雲賞候補にもなった、今井哲也の傑作SF『ぼくらのよあけ』。単行本全2巻が発売中だ。

この度、宇宙とロボットが大好きな主人公・悠真を杉咲花、人工知能搭載家庭用ロボットのナナコを悠木碧が演じることが発表され、コメントも到着した!
また、ティザービジュアル第⼆弾、特報第二弾を解禁、さらに監督を黑川智之、アニメーション制作をゼロジーが担当するなど、スタッフ情報も解禁となった。

ティザービジュアル第⼆弾は、団地を背に空を⾒つめる少年・悠真と⼈⼯知能搭載家庭⽤ロボットのナナコが描かれ、「団地発、宇宙⾏き」というキャッチコピーと共に、団地の屋上には⼣暮れの空に波紋を広げる謎の光が。

特報第⼆弾は、宇宙を凄まじい速度で進む ”何か” の視点から始まり、悠真たちは、ナナコをハッキングしたその未知なる存在に「私が宇宙に帰るのを⼿伝ってもらえないだろうか」と協⼒を依頼される。
団地が宇宙空間に浮かんだり、⾒たこともない光景に興奮する彼ら。⼦どもたちの極秘ミッションが、今、動き出す。

本作の主⼈公で、阿佐ヶ⾕団地に住み宇宙とロボットが⼤好きな⼩学4年⽣の沢渡悠真役には、『湯を沸かすほどの熱い愛』、NHK連続テレビ⼩説『おちょやん』、ドラマ『恋です!~ヤンキー君と⽩杖ガール~』など話題作に数多く出演、若⼿随⼀の確かな表現⼒で⾼い評価を受ける俳優・杉咲花。
『思い出のマーニー』(14)、『メアリと魔⼥の花』(17)、『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』(21)にて声優としても確かな実績を重ねている杉咲が、前代未聞の極秘ミッションに挑む少年を演じた。

そして、沢渡家の⼈⼯知能搭載家庭⽤ロボットのナナコを演じるのは、⼈気と実⼒を兼ね備えた悠⽊碧。
アニメ『魔法少⼥まどか☆マギカ』⿅⽬まどか役、アニメ『ポケットモンスター ベストウイッシュ』アイリス役、『君の名は。』名取早耶⾹役など、⽬覚ましい活躍を続ける悠⽊が、空中を浮遊し悠真の世話を焼くロボット役に決定した。

監督を務めるのは⿊川智之(『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ〈15~〉演出、『⿓の⻭医者』〈17〉総演出)。
脚本を佐藤⼤(劇場アニメ『ドラえもん のび太の宇宙⼩戦争 2021』〈21〉、『交響詩篇エウレカセブン』シリーズ〈05~〉)。
アニメーションキャラクター原案・コンセプトデザインはpomodorosa(『LISTENERS リスナーズ』〈20〉キャラクター原案、『デカダンス』〈20〉キャラクターコンセプトデザイン)。
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督を吉⽥隆彦(『はたらく細胞』〈18〉キャラクターデザイン・総作画監督、『弱⾍ペダル』〈13〉キャラクターデザイン・総作画監督)。
⾳楽を横⼭克(『フルーツバスケット』〈19~〉、映画『ちはやふる-結び-』〈18〉、連続テレビ⼩説『わろてんか』〈17〉)。
そしてアニメーション制作はゼロジー(Netflix『天空侵犯』〈21〉、『さんかく窓の外側は夜』〈21〉)が担当する。

傑作SFジュブナイル劇場アニメ『ぼくらのよあけ』の続報に乞うご期待!

>>>ティザービジュアル第⼆弾、キャラビジュアルほかを全て見る(写真5点)

(C)今井哲也・講談社/2022「ぼくらのよあけ」製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ