【お金教育】可愛いレジスターも作れちゃう!『すみっコぐらし おかねをまなぶっく』が超楽しい

ウレぴあ総研

子どもたちに大人気の「すみっコぐらし」。

しろくま、ねこ、とかげなど可愛いキャラクターたちと楽しく「お金」について学べるドリル形式の書籍『すみっコぐらし おかねをまなぶっく 入学準備~小学1年』が発売しました。

どのような内容なのか、詳しくご紹介します!

■お金の知識が身につく『すみっコぐらし おかねをまなぶっく』

なぜ、子どもたちにお金の教育が必要なのか。

『すみっコぐらし おかねをまなぶっく 入学準備~小学1年』の監修者で、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんは、「クレジットカードや電子マネーが普及する今、子どもたちは「現金」を使って金銭感覚を身につける機会が減っています。しかし、子どものうちに、正しい金銭感覚を身につけることは、将来きちんとお金を使う、貯める、増やすためにとても重要です」と話しています。

一児の母で、小学校でお金の授業をした経験もある山口さんは、子どもにお金の価値をどう教えればいいか悩む保護者の相談を受けることも多いそう。そんなキャッシュレス時代のニーズにこたえるマネー教育本が『すみっコぐらし おかねをまなぶっく 入学準備~小学1年』です。

■「すみっコぐらし」の世界に入り込んだ気分でお買い物体験!

この本の対象読者年齢は5~7歳。お金の種類・数え方・大小などの基本を学ぶ問題からスタートして、すみっコたちとお買い物をしたり、お店へ行くような実践編へと進んでいきます。

まるですみっコぐらしの世界に入り込み、すみっコたちと一緒にお金の使い方を勉強したり、お買い物をしているように楽しく学べます。

お金の種類、大小、両替の基本など、おかねカードを使って繰り返し練習できます。アイスクリームを買ったり、駄菓子屋さんごっこをしたり、まるですみっコの世界でお買い物をしている気分に。

大人気のみにっコ・えびふらいのしっぽとスーパーへおつかいへ行くページもあります。

また、87枚の「おかねカード」と、簡単な工作で作れる「レジスター」を使ったお買い物ごっこもできますよ。

【『すみっコぐらし おかねをまなぶっく』目次】

〈基本〉

おかねのしゅるいをしろう(コイン・おさつ)

おかねのしゅるいをかくにんしよう(コイン・おさつ)

おなじきんがくにしよう(コイン・コインとおさつ・すうじとおかね・しなものとおかね)

たりないおかねはいくら?

おおきいおかねはどっち?

おおきいおかねめいろ

おなじおかねのくみあわせをしろう

いくらといくら

〈実践〉

アイスクリームをかってみよう

だがしやさんでおかしをかおう

おかねのはらいかた

おすしをたべにいこう

おつりのかんがえかた

えびふらいのしっぽとおつかいしよう

パンやさんでパンをかってみよう

カードのつかいかた



本物のお店でお買い物をする前に。キャッシュレス時代の子どもの金銭教育に、親子ですみっコたちと楽しくお金について学んでみませんか。

※値段はセールなどで変動します。

※数に限りがあります。商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。

※デザイン・価格・種類数は変更となる場合があります。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ