実は個人事務所の代表だと知って驚いた芸能人ランキング

gooランキング

芸能人が活動していくためのパートナーとなる芸能事務所。近年では、長年所属していた事務所から独立し、自ら個人事務所の代表を務める人も少なくないですよね。
そこで今回は、実は個人事務所の代表だと知って驚いた芸能人は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 柴咲コウ
2位 木梨憲武
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「柴咲コウ」!
「柴咲コウ」
1998年に女優デビューし、映画『GO』で注目された「柴咲コウ」。その後も話題作への出演が続き、2017年には大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)、2020年にはドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)で主演を務めました。
そんな彼女は、2020年3月にデビュー前から所属していた芸能事務所を円満退社。以降は自身が代表を務め、アパレル事業やセレクトショップ事業も手がける個人事務所レトロワグラースの所属となり、芸能活動を続けています。
2022年9月に映画『沈黙のパレード』で『ガリレオ』シリーズへ9年ぶりの復帰を果たす柴咲コウが、3位となりました。

2位は「木梨憲武」!
「木梨憲武」
同級生の石橋貴明と結成したお笑いコンビ「とんねるず」でおなじみの「木梨憲武」。『夕やけニャンニャン』や『ねるとん紅鯨団』(共にフジテレビ系)などへの出演を経て全国的な人気となり、現在も幅広い分野で活躍中です。
そんな彼は、妻で女優の安田成美が所属する個人事務所キナシコッカの代表を務めており、コンビを組む石橋貴明が代表を務める旧事務所の取締役を辞任した現在は、自身もキナシコッカにタレントとして所属しています。
2022年9月開催予定の「氣志團万博2022 ~房総魂~」に歌手として出演予定の木梨憲武が、2位となりました。

1位は「ヒロシ」!
「ヒロシ」
2004年頃に「ヒロシです」のフレーズで知られる自虐ネタでブレークした「ヒロシ」。その後は自身のYouTube『ヒロシちゃんねる』で配信したソロキャンプ動画が話題となり、2022年7月現在の登録者数は114万人を超えています。
そんな彼は、所属していたサンミュージックから独立した後に、担当マネージャーと個人事務所ヒロシ・コーポレーションを設立。代表としてタレントのマネジメントやイベントプロデュースなど、さまざまな事業を手がけています。
自身のキャンプブランドを立ち上げ、キャンプグッズのプロデュースも行っているヒロシが、1位となりました。

ソロキャンプ芸人としてマルチに活動しているピン芸人が1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~39位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが実は個人事務所の代表だと知って驚いた芸能人は、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
投票合計数:有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2022年5月30日~2022年5月30日

当記事はgooランキングの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ