なぜって本気じゃないから…。男が“どうでもいい女”に見せる「紳士対応」

beauty news tokyo


男性に優しく対応してもらえると「脈アリかも」と感じてしまうもの。でも、男性によっては“本命じゃないからこそ”優しく対応してるだけという場合があります。そこで今回は、男性が“どうでもいい女”に見せる「紳士対応」を紹介します。

|自宅に招いてくれる


一人暮らしの男性が自宅に呼んでくれると、「私に本気ってこと?」と感じてしまうもの。実際、男性の暮らしぶりや内面を見れる機会とも言えますが、もし外でのデートがほとんどなくて、会うのは決まって男性の自宅という状態なら、「本命ではない」と思われているかも知れません。なぜなら、男性は付き合いを他人に見られたくない女性は、あまり外で会うようなことはしないからです。

|LINEのやり取りがダラダラ続く


LINEが来る頻度は少ないけれど、一度連絡があればやり取りがダラダラ続く男性も、あなたを本命と考えてないかもしれません。男性は本命女性とのLINEは頻度高めにやりとりする傾向があります。また、短文かつスタンプが多めのやりとりをダラダラと続けているのは、ただ退屈しのぎにされているだけと考えた方が良いでしょう。

|急に「会いたい」と連絡をくれる


男性から急に「会いたい」と連絡が来ることはありませんか? もし夜遅い時間が多い場合は、都合のいい相手だと思われているようです。男性は本命の女性とのデートはあらかじめプランを立てておくもの。急な誘いとなると、単に下心だけで呼ばれただけかもしれません。

|すぐに謝ってくる


男性は本命以外の女性とは喧嘩やトラブルをできるだけ避けようとする傾向があります。女性に怒られたり指摘されたりしても、反論せずにすぐに謝る人は、その女性を本命だと思っていない証拠。なるべく機嫌を損ねないように、なんでも謝って解決しようと考えています。

今回紹介したような一見「紳士対応」を見せる男性との付き合い方は見直した方が良いでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ