【2022年おすすめ工場見学】関東地方で行くべき4施設はココ!

TABIZINE

お馴染みのお菓子やアイスができるまでの過程を楽しめる工場見学。非日常を味わえる工場見学は、家族・友人とのお出かけや恋人とのデートにも人気ですよね。そこで今回は、関東地方にあるおすすめ工場4施設を紹介! あの超有名お菓子の裏側も見られるかも!?


■あわせて読みたい

【全国パワースポット153選】運気が上がる最強神社仏閣も!2022年版
【全国】おすすめ夜景スポット55選~特徴・歴史・見どころもご紹介

【グリコピア・イースト】ポッキー・プリッツの製造工程を見学

Ⓒグリコピア・イースト

新宿から電車で45分ほどの埼玉県北本市にある「グリコピア・イースト」。ここでは、誰しも一度は食べたことがあるであろう江崎グリコの人気お菓子「ポッキー」と「プリッツ」の製造工程を見学できます。


Ⓒグリコピア・イースト

ガラス越しにポッキーが作られる様子を見学できる「ポッキーストリート」。ポッキーの仕上げから包装までを見ることができるそうです。

どんな流れであの赤い箱に入れられて完成するのか、気になる……!


Ⓒグリコピア・イースト

こちらはプリッツの製造工程を見られる「プリッツストリート」。原料を混ぜ合わせるところから、お店で販売される形になるまで、一部始終を見れちゃいます。こんなにも沢山のプリッツを一度に見られるのは圧巻!

グリコピア・イースト
住所:埼玉県北本市中丸9-55
アクセス:圏央道(首都圏中央連絡自動車道) 桶川加納ICより車で約10分
入場料:無料(完全事前予約制)
公式サイト:https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/glicopia/east/

【中村屋 中華まんミュージアム】肉まんが流れる姿は必見

Ⓒ中村屋 中華まんミュージアム

西武池袋線の入間駅よりタクシーで20分ほどの場所に位置する「中村屋 中華まんミュージアム」。2019年のオープン当初は数分で予約が埋まるほどの人気を誇り、今なお多くの人に親しまれています。


Ⓒ中村屋 中華まんミュージアム

施設のエントランスには中華まんモチーフの写真スポットが! 中華まんの生地に挟まれたようなユニークな写真が撮れそうですよね。思い思いのポーズを決めて、思い出に残る1枚を!


(C)︎中村屋 中華まんミュージアム

また、見学通路では肉まんが流れてくる姿が楽しめますよ。商品がラインで流れる様子は工場見学の醍醐味ですよね。ガイドさんの説明を受けながらゆっくり見学できるので、肉まんへの理解が深まること間違いなし!

そのほか、ゲームができるエリアや蒸し立ての肉まんを味わえるスポットも用意され、年代問わず楽しめそうです。なお、プログラムは変更となっている場合があるので、行く前には公式サイトをチェックしてみてくださいね。

中村屋 中華まんミュージアム
住所:埼玉県入間市狭山台234
アクセス:西武池袋線入間市駅よりタクシーで約20分
入場料:無料(完全事前予約制)
公式サイト:https://www.nakamuraya.co.jp/factory/
※2022年4月25日~8月中旬は夏期休業期間

【本庄千本さくら『5S』工場】ガリガリ君のすべてがココに

Ⓒ本庄千本さくら『5S』工場

JR八高線・児玉駅よりタクシーで10分ほどのところに位置するガリガリ君の工場「本庄千本さくら『5S』工場」。同施設では、夏になると必ずたべたくなる「ガリガリ君」の気になる歴史や製造過程が楽しめます。


Ⓒ本庄千本さくら『5S』工場

ガリガリ君のソーダ味色の絨毯が敷かれた通路は、製造ラインを見学できるエリア。ここまでガリガリ君と向き合える場所はなかなかないですよね。ガリガリ君への愛が増すかも!?


Ⓒ本庄千本さくら『5S』工場

製造ラインを見学した後は、「ガリガリ君広場」へ。ここでは、ガリガリ君グッズの販売も行われています。文房具などが豊富なのでお土産にも喜ばれそうですね。見学の最後は、ガリガリ君フレームのプリントシールを撮って締めましょう。

本庄千本さくら『5S』工場
住所:埼玉県本庄市児玉町児玉850-10
アクセス:JR八高線児玉駅下車、タクシーで約10分
入場料:無料(完全事前予約制)
公式サイト:https://www.akagi.com/factory/index.html

【めんたいパーク伊豆】明太子好き集まれ!

Ⓒめんたいパーク伊豆

伊豆箱根鉄道駿豆線・伊豆仁田駅からタクシーで約8分の場所に位置する「めんたいパーク伊豆」。ここではかねふく自慢の明太子の製造ラインが見学できたり、明太子グルメを楽しめたりと、明太子好きにはたまらない施設とされています。


Ⓒめんたいパーク伊豆

明太子について遊びながら学べる「つぶつぶランド」。明太子にまつわるクイズに答えながらを通り抜けると、お待ちかねの明太子工場が……!


Ⓒめんたいパーク伊豆

こちらのエリアでは、人の手によって作業されている姿をガラス越しに間近で見られますよ。こんな近くでたくさんの明太子を見たら、食べたくて仕方なくなるに決まってますよね?

そんな人は、フードコートで明太子おにぎりやパスタ、肉まんなど、思う存分明太子を楽しんでくださいね。筆者も以前ここでおにぎりを食べましたが、いまだにあの衝撃は忘れられません。

かねふく めんたいパーク伊豆
住所:静岡県田方郡函南町塚本753-1
アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線「伊豆仁田駅」から車で約8分
入場料:無料(予約不要)※団体利用のみ予約必須
公式サイト:https://mentai-park.com/izu/

気になるあの商品の裏側をのぞいてみては?

(C)︎めんたいパーク伊豆

都心部からのアクセスが良い場所にも沢山の工場見学スポットがあるので、気になるあの商品の製造工程を一度見学してみてはいかがでしょうか! いずれも感染症対策がしっかりとられているので、今の時期でも安心して見学できますよ。営業時間や休館日が異なる場合があるので、公式サイトをチェックしてから出発してくださいね。

■あわせて読みたい

【全国パワースポット153選】運気が上がる最強神社仏閣も!2022年版
【全国】おすすめ夜景スポット55選~特徴・歴史・見どころもご紹介

当記事はTABIZINEの提供記事です。