【男友達に誤爆】「好きです」予測変換で出てきたメッセージを、よりによって“男友達”に送ってしまい思考停止!?

lamire


LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

予測変換ミス


恋愛感情はない男友達にLINEを送ろうとしていたとき、なぜか「す」と打つと予測変換で「好きです」と表示され、消去しようとしましたが手が滑りそのまま送ってしまいました。
出典:lamire
慌てふためき一瞬思考が停止しました。
思考が正常になったときにはまだ既読はついていなかったので、急いで送信を取り消しました。

相手は普段あまりケータイを触っていないタイプということもあり、見られた可能性は低く、ことなきを得ました…。

(女性/学生)

もらったプレゼントを…


友達に画像を添付するとき、間違って一緒にフリマアプリに出品する予定の画像まで送信してしまったことがありました。
画像を選択するときに複数選択してしまい、それで送信されてしまったようです。
出典:lamire
その出品用の画像ですが、実はその友達からプレゼントされた物で「美品!」という文字を入れていてこれはまずいと思いました。
「あっこれは後から別の人が同じ物をくれて、その人がくれた物を売る予定だったの!◯◯ちゃんから貰ったのは売らないよ」…嘘も方便と思い、送っておきました。

結局そのアイテムはリサイクルショップに持ち込み、友達との関係も悪くはなりませんでした…。

(無職)

いかがでしたか?

誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが皆さん結構な頻度でやってしまっている様子。
宛先確認はしっかりしましょうね。

以上、LINEトラブルエピソードでした。

次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪
※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
LINEのやりとりの画像に関しては、エピソードをもとに編集部で作成したものになります。

当記事はlamireの提供記事です。