【コンビニ】おすすめの「ベルギーワッフル」を発表!“風味や甘さ、お得感”で徹底比較してみた

ウレぴあ総研

定番スイーツとして、日本でもよく知られているベルギー式のワッフル。

セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、まいばすけっと(TOP VALU)4社では、それぞれオリジナルのベルギーワッフルをリリースしています。

同じようなビジュアルなので、一見各社とも大差ないようにも感じられますが、その実、個性が全く異なるようにも思います。

ここではセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、まいばすけっと(TOP VALU)4社のベルギーワッフルを食べ比べレビューします。

■【セブン-イレブン】「7カフェ ベルギーワッフル」118円(税別)

■ザラメの食感と、バターの風合いが楽しい模範的なベルギーワッフル

まずはセブン-イレブンの「7カフェ ベルギーワッフル」を見ていきましょう。本商品のスペックは下記になります。

<1個あたり>

エネルギー:218kacl

たんぱく質:3.6g

脂質:11.3g

炭水化物:25.8g

糖質:24.9g

食物繊維:0.9g

食塩相当量:0.2g

極めて模範的にも映るベルギーワッフルですが、さっそく口にしてみると、まずバターの優しい風合いが口の中に広がります。

その後に噛み締めると、ザクっとしたザラメの食感があり、これがまず楽しいです。

そして、このザラメの甘みが、バターの風合いをさらに押し上げてくれる印象で、食べ終わりまでバター感を楽しむことができます。

製造は、ワッフル専門店の商品も手がけるローゼン製菓。

オーブントースターで温めても美味しそうで、ストレートティーなどと合わせていただくと、もうベルギーにいるかのような気分を味わえそうです。

■【ファミリーマート】「こだわりのワッフル フランス産発酵バター使用」128円(税別)

■濃厚で優しい風合いのフランス産発行バターが口の中に広がる

続いてファミリーマートの「こだわりのワッフル フランス産発酵バター使用」を見ていきましょう。

本商品のスペックは以下になります。

<1個あたり>

エネルギー:211kacl

たんぱく質:2.9g

脂質:12.2g

炭水化物:22.6g

糖質:22.1g

食物繊維:0.5g

食塩相当量:0.16g

カクカクしたビジュアルがかわいらしいですが、一口食べてみると、やはり濃厚なバターの印象を感じます。

しかし、セブン−イレブンのバターの風合いとはまるで違い、さらに濃厚で優しい印象。

商品名にもある通り、フランス産発酵バターを使用しているからだと思いますが、これもまた美味。

また、生地は手で千切って分かるくらい、しっとりしており、この質感もまた前述の濃厚なバターとの相性抜群です。

製造は、パン製品を中心に手がける、コモというメーカー。

ベルギーワッフルには、バニラアイスや生クリームを乗せて食べるとおいしいですよね。

こういったトッピングと合わせて楽しむ場合は、セブン−イレブンのベルギーワッフルよりも向いているように思いました。

■【ローソン】「さくふわ食感のベルギーワッフル 1個」120円(税別)

■セブン-イレブンとよく似たベルギーワッフル。なんと製造会社が同じだった!

続いて、ローソンの「さくふわ食感のベルギーワッフル 1個」を見ていきましょう。

本商品のスペックは以下になります。

<1包装あたり>

エネルギー:230kacl

たんぱく質:3.7g

脂質:14.3g

炭水化物:22.0g

糖質:21.3g

食物繊維:0.7g

食塩相当量:0.2g

セブン-イレブンのベルギーワッフルに極めて近い造形で、実際に口にしてもやはり似ていました。

一口目の食感、後からくる砂糖のザラメ感、とにかくよく似ていますが、確実に違うのは甘さです。

バターの風味、砂糖の甘さ、生地の甘さがやや強めであり、食べ終わりまで、サクサクと美味しくいただくことができます。

製造会社を見てみると……やはりセブン−イレブンと同じ、ローゼン製菓でした。

かなり似た商品ではありますが、個性の微妙な違いを感じられ、感慨深く思いました。

■【まいばすけっと】「メープル風味のベルギーワッフル パールシュガー入り カナダ産メープルシロップ使用」278円(税別)

■パールシュガーのクセのない甘みが個性的な一品

最後に、まいばすけっと(TOP VALU)の「メープル風味のベルギーワッフル パールシュガー入り カナダ産メープルシロップ使用」を見ていきましょう。

本商品のスペックは以下になります。

<1個(33g)あたり>

エネルギー:144kacl

たんぱく質:2.7g

脂質:7.1g

炭水化物:17.5g

糖質:17.0g

食物繊維:0.5g

食塩相当量:0.1g

1袋に6個のベルギーワッフルが入ったパック商品で、イオンのブランド・TOP VALUらしく、まずお得感があります。

そして、1個ずつ個包装になっているので、お弁当におやつとして付け加えたり、ピクニックや公園に、おやつとして持っていくこともできそうです。

さっそく1口食べてみると、ローソンのベルギーワッフル同様、サクッとした食感をまず感じ、さらに噛み締めると、鼻から抜けるほどのメープルの風味が広がります。

カナダ産メープルシロップを使用しているからでしょうか、まるで外国でワッフルを食べているような錯覚を受けるほどですが、セブン-イレブンやローソンのようなザラメ感はありません。

その代わり、パールシュガーによる優しく、クセのない甘みを感じることができます。

製造しているのはドーナツ、パウンドケーキ、カップケーキ、ワッフルなどの製造を得意とする丸中製菓。

コストパフォーマンスと、味の両立を実現した商品のように思いました。

■【まとめ】美味しさではファミリーマートがダントツ!?

■ザラメの食感を好むならセブン-イレブンかローソン。コスパ重視ならまいばすけっと(TOP VALU)

冒頭でも触れた通り、一見同じように見えるベルギーワッフルでも、このように個性が全く異なることがわかりました。

筆者個人的には、ファミリーマートのベルギーワッフルが最も風味高く、生地、バター、甘みを楽しめるように思いました。

他方、ザラメのザクザクした食感が好きな方には、セブン-イレブンやローソンのベルギーワッフルも良いでしょうし、コストパフォーマンスを追求するなら、ダントツで、まいばすけっと(TOP VALU)のベルギーワッフルをおススメしたいです。

ぜひ本記事をご参考に、ベストなベルギーワッフルをチョイスしてくださいね!

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ