【学生100人にアンケート調査】約60%が「仕送り不足」を実感!学費や家賃以外に必要な教育費とは?

めるも編集部

大学進学などで、家族の元を離れて1人暮らしをしている学生たち。生活費は自身のアルバイトのほか、親からの仕送りでまかなっているという人も多いかもしれません。

そこで今回、『ロンたす』が「仕送りに関する学生の意識調査」を実施。「仕送り」をされる学生側にスポットあててアンケート調査しました。

「仕送り」に関する学生たちのリアルな本音が垣間見られますよ。それでは早速、調査結果について紹介します。

「仕送り」に関する意識調査

調査概要については下記のとおりです。

・調査テーマ:「仕送り」に関する意識調査
・調査期間:2022年6月7日~14日
・調査対象:100名の学生(※キュービックグループの持つ大学生ネットワークを活用)
・調査手法:インターネット調査

調査結果をチェック!

アンケートに回答した100人のうち、半分弱が「仕送りをもらったことがある」と回答。

「ない」と回答した38人には自宅からの通学でした。

毎月の仕送り額で最も多かったのが「5~7万円」。次に、「3~5万円」が続きました。家賃+光熱費はどうにかまかなえるものの、生活費は自身でねん出することに……。

アルバイトは100人中95人がしていました。

仕送りに対する率直な意見を聞いてみると「十分だった」と回答したのは19人。そのほかの学生は何かしらの我慢を強いられながら、生活費はアルバイトで補填している結果に。

アルバイトしても足りない……

アンケート調査からわかることは、「仕送り」をもらい、アルバイトで補填しても十分ではないという現状です。そのため、食費や勉強の時間を削ってアルバイトの時間を増やし、何とか生活している学生も多くみられました。

文部科学省などの教育関連機関による教育費に関する平均額は、主に学費や教科書代などの教育費のことを指し、1人暮らしをするための家賃や生活費は含まれていないとのこと。

そのため、県外に子どもを進学させる場合は、上記のような費用が追加でかかってくることを考慮し、アルバイトに時間を割きすぎて勉強時間が削られることのないようにしてくださいね。

ロンたす注目記事
・教育ローンを比較-金利だけじゃない確認ポイントを徹底解説: https://loantasu.com/category/education-loan/

・ローンする人生、しない人生:https://loantasu.com/lifeplan/

【出典】
企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000101.000012817.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ