ドラマ『金田一少年の事件簿』第6話あらすじ&レビュー

Oh!My!ドラマ

6月5日放送の『金田一少年の事件簿』第6話(File05前編)。

剣持警部(沢村一樹)に誘われ、人気ノンフィクション作家、橘五柳(勝矢)のパーティーに参加したはじめ(道枝駿佑)と佐木(岩﨑大昇)。パーティーには、剣持警部と親しいライターのいつき陽介(渡辺大)やテレビディレクターの都築哲雄(戸塚祥太)のほか、出版社の社長や社員たちがたくさん出席していた。

第6話あらすじ

パーティーでは、橘の新作原稿の在り処を指す暗号が発表された。暗号を解き、最初に原稿を見つけた者に新作原稿を渡すと言う橘。驚いたことに、その作品にはパーティーに参加している人物の犯罪が実名で暴かれていると言う。ヒット間違いなしの彼の原稿を手に入れようと目の色を変える参加者たち。

そんな中、ひとりのん気に料理を堪能するはじめ。佐木が声をかけると「もう暗号は解けた」と…。ところが、参加者のひとりであるグラビアアイドルの桂木優里奈(ゆきぽよ)が橘に酔って絡まれているところに遭遇したはじめは、止めようとして一緒にプールに転落してしまう。この事態に橘は激怒。はじめはいつきのツテで参加していたため、怒りの矛先はいつきへ向き「お前のところには原稿を渡さない!」と…。

剣持に促され、橘の部屋へと謝りに向かったはじめ。しかし、なかなか帰って来なかったため心配した佐木が迎えに行くと、そこには頭から血を流して倒れる橘と、凶器らしきものを持って立つはじめの姿だった。

無罪を主張しながらも、自分の推理で真犯人を見つけるため現場から逃走したはじめは、この事件の容疑者として警察から追われる身となってしまう。

謎だらけの事件

橘の部屋に行くにはいったん外に出なければならない。はじめが部屋に向かったときには雨が降っていたため、ぬかるんだ地面にははじめの靴跡がはっきりと残った。はじめ以外に橘の部屋に出入りした者がいるのならあるはずの足跡がどこにもない。この謎が解けないとはじめの無実は証明できないが…。

また、暗号を解いて作品の在り処が分かれば”実名で罪を暴かれた人物”が分かる。今回の事件の真犯人はおそらくその人物で、自身の罪とともに作品を闇に葬るつもりだと思われるため、その人物より先に暗号を解いて作品にたどり着く必要があるが…。

真犯人に濡れ衣を着せられ、警察から追われながら事件の謎と戦うはじめ。じっちゃんの名にかけて、事件の謎は解けるのか!?後編が待ち遠しい!

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ