大谷翔平「1番・投手」マンガのような起用で…栗山英樹にかかったとんでもないプレッシャー

アサ芸プラス


 昨年、侍ジャパンの監督に就任した栗山英樹氏は、日本ハム前監督(2012-2021年)であり、メジャーで二刀流の活躍を見せている大谷翔平の「育ての親」的存在だ。

その栗山氏が、フリーアナ・古舘伊知郎のYouTubeチャンネル〈古舘伊知郎チャンネル〉に出演(6月24日)して明かしたのは、

「監督10年間やって、いちばん勝ちたかった試合、実は…」

その試合とは16年7月3日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦だった。

「1番・投手」で出場した大谷は、1回の第1打席で、初球を右中間席にホームラン。プロ野球史上初となる、ピッチャーによる先頭打者アーチを記録し、試合は2対0で日本ハムが勝利した。当時、マンガでも出来すぎなのにと、常識破りの采配に称賛の声が上がったものだ。

大谷に1番・投手での起用を告げたのは前日だった、と栗山氏は振り返る。

「1番でランナーに出ても、ランナー残っちゃうかもしれないけど、ホームラン打って1対0で勝てばいいんだから、みたいな話をシンプルにして。ボクもビックリしました。本当にホームラン打っちゃったんで。これ、絶対に勝たせてあげなきゃって。あの試合くらい怖いというか、プレッシャーがかかった試合はなかったですね」

勝てば官軍。「結果良し」の名采配ではないか。

(所ひで/ユーチューブライター)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。