カルヴィン・ハリス、ニューAL『Funk Wav Bounces Vol.2』に参加の豪華ゲスト陣を発表

Billboard JAPAN



カルヴィン・ハリスが、2017年にリリースした傑作アルバム『Funk Wav Bounces Vol.1』の続編『Funk Wav Bounces Vol.2』の制作を豪華ゲストを迎えて進めている。

現地時間2022年6月29日、カルヴィンは自身のSNSに告知映像を投稿。映像では『Funk Wav Bounces Vol.2』に21サヴェージ、ステフロン・ドン、クロイ・ベイリー、チャーリー・プース、プシャ・T 、シェンシーア、ティナーシェ、ノーマニ、リル・ダーク、ホールジー、オフセット、6lack、ジャスティン・ティンバーレイク、コイ・リレイ、バスタ・ライムス、ラトー、ファレル、スウェイ・リー、ジョルジャ・スミス、そしてスヌープ・ドッグの参加が明かされている。

これらのスーパースター達に加え、アルバムから5月に先行配信されたシングル「Potion」にはデュア・リパとヤング・サグが参加している。『Funk Wav Bounces Vol.2』のリリース日は発表されていないが、カルヴィンは夏頃のリリースを示唆している。

2017年に発売された『Funk Wav Bounces Vol.1』にはヤング・サグ、フランク・オーシャン、ミーゴス、ファレル、ケイティ・ペリー、ニッキー・ミナージュとのコラボレーションが収録されていて、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場2位を記録した。その後42週間に渡りチャートインし続けた。同作は、カルヴィンが近年ラヴ・リジェネレーターでの活動に重点を置くようになったこともあり、現段階での彼の最新アルバムとなっている。

今回リリースが発表された『Funk Wav Bounces Vol.2』は、カルヴィンにとって通算6作目のスタジオ・アルバムとなる。2007年に『アイ・クリエイティッド・ディスコ』でデビューを飾った彼は、その後「Summer」、「Feel So Close」、「We Found Love」などのヒットを通じて、EDMのパイオニア的存在となった。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ