令和喜多みな実・河野に祇園・木崎が不満?「次世代のMCを育てようとしてない」

TVerプラス

海原やすよ ともこ(海原やすよ、海原ともこ)の冠MC番組『やすとものいたって真剣です』(ABC、毎週木曜23:17~※関西ローカル)が6月30日に放送。この日は、西田幸治(笑い飯)、トキ(藤崎マーケット)、河野良祐(令和喜多みな実)ら、番組で進行役を務める“真剣ファミリー”が集う「真剣ファミリー近況報告SP」。

コロナ禍に番組がスタートした『やすとものいたって真剣です』。放送開始から2年が過ぎ、「いよいよカタチになってきたなぁと思う」というやすよ。しかし、番組出演者やスタッフの打上げや食事会は全く行っていないため、今回は番組を陰で支える存在の“真剣ファミリー”が顔を揃え、近況報告会を行う。

西田の近況報告は「甲子園でファーストピッチング」。仕事で阪神戦の始球式を行った笑い飯は、西田がマウンドに、哲夫がバッターボックスに立ったとか。「自分ではキマッたと思ったけど……」と、不思議なピッチングボーズの写真を紹介する。一方、「MC力強化」を報告する河野。劇場のイベントMCやライブのコーナーMCを精力的に行っており、自身も「10時間のMCライブ」に挑戦したという。そんな河野に対して木崎太郎(祇園)が「次世代のMCを育てようとしてない」と不満を漏らす!?

「テレビCMで久々にラララライ体操をした」というトキ。マンナンライフのCMで、相方の田崎佑一とともに出演しているが、トキの頭部はコンニャクになっており、顔出しはしていない。「撮影時は、最後は顔出しするといわれていたのに……」と、トキがCM撮影の苦労話を明かす。また、写真が趣味のトキは旅先での写真を紹介。「秋田県の山奥にある乳頭温泉に行って、初めて1人で混浴に入った」と、ドキドキの体験談を語る。

今回進行を務める木崎は「母親から、件名に『重要なお知らせがあります』というEメールが来た」と近況報告。母親と磯部公彦(まるむし商店)の意外な関係とは?

さらに、津田篤宏(ダイアン)もVTRで近況報告。津田の自宅から、「いま一番ハマっている」というゲーム配信の現場を紹介する。仏間に総額100万円以上の機材を完備し、配信する津田。きっかけはコロナで、「まるまる1か月仕事がなかった」という。苦肉の策で始めたが、現在は月に約100本のテレビ出演がある売れっ子。そんな津田が、売れっ子ならではの配信時の意外な苦労を明かす。配信の様子も紹介するが、緊急事態が発生して……?

また、真剣ファミリーが知る芸人の近況も紹介。「銀シャリ・鰻和弘と大師匠とのウワサ」「アインシュタイン・河井ゆずるのイキリ過ぎるインスタ」「ラフ次元・梅村賢太郎の自宅が貸しスタジオ化」など、様々な芸人の近況が飛び出す。

真剣ファミリーが提案する真剣トーク企画では、トキがやすよの大好きな企画を提案。以前からやすよが個人的にやってみたいと話しているキッチンカーをテーマにした「キッチンカー芸人」で、実際にキッチンカーをしている8.6秒バズーカーのはまやねんや2700のツネを紹介する。また、西田は「バツイチ独身貴族SP」、河野は「リアルパーフェクトヒューマン 浅越ゴエ スゴすぎるやろSP」、木崎は「東京苦手な関西芸人SP」と、ガチな企画をプレゼンする。

前回は「尽きぬ愛情を炸裂!?マブダチ芸人大集合SP」と題した企画が放送された。

当記事はTVerプラスの提供記事です。