ハドソン・モホーク、ニューALから新曲「Bicstan」&メガミックス音源解禁

Billboard JAPAN



ハドソン・モホークが、ニュー・アルバム『Cry Sugar』を<Warp Records>より2022年8月12日にリリースすることを発表した。併せて、新曲「Bicstan」と映像作家kingcon2k11が監督した強烈な映像と共にアルバムのメガミックス音源「Cry Sugar (Megamix)」が解禁された。

先行シングル「Bicstan」は、Roland TB-303のアシッドなサウンドと躍動感あるガバ・スタイルのトラックに、浮遊感のあるボーカル、ケリー・チャンドラー風のクラシックなハウスのコード進行を組み合わせた、聴いた瞬間から体を動かさずにはいられない、ハドモ・サウンド全開のトラックとなっている。また、アルバム全体の様々なパーツを一つにまとめ上げた「Cry Sugar (Megamix)」からは、本プロジェクトが持つサウンドやキャラクターを味わえる。

2015年の『Lantern』以来の3rdアルバムとなる本作『Cry Sugar』は、パンデミックを経てついにクラブやライブ・イベントに戻ってくるすべての音楽ファンのモチベーションを高める音楽として、ハドソン・モホーク特有のアンセミックなサウンドがアルバム全体に余すところなく展開している。ハイカルチャーとローカルチャーを融合させることにおいては、もはや右に出るものがいないハドソン・モホークだが、彼こそが、2010年代を席巻したトラップ・ミュージックの設計者で、世界中のパーティーからTVコマーシャルまで、今もなおあらゆる場面でその影響を感じることができる。

本作の背景にはアメリカの退廃があるという。グラフィティ・シーンからキャリアをスタートさせた画家で映像作家としても活躍するウェイン・ホースことウィレハッド・アイラースによるアルバムのアートワークに描かれているように、我々はゴーストバスターズのマシュマロ・マンと腕を組んで、ジャックダニエルの瓶を片手に帰宅するところで、灰色の暴風雨という大惨事が近づきつつあるのを、ただじっと見つめている。そんな現実を目にし、ハドソン・モホークは、DJブースを指揮台に、放蕩と黙示録の間の緊迫したドラマを描き出している。ハドソン・モホークにとって本作は、故ヴァンゲリスの後期作品から90年代のジョン・ウィリアムスによるメジャー・コードのサウンドトラックまで、黙示録的な映画やそれらの音楽に深く影響を受けた最初の作品でもある。本作はいわば、文化的メルトダウンの黄昏を記録した映画の狂ったサウンドトラックだ。

『Cry Sugar』は、CD、LP、デジタル/ストリーミング配信で8月12日に世界同時リリースされる。国内盤CDにはボーナス・トラックが追加収録され、解説書が封入される。LPフォーマットは、ブラック・ヴァイナル仕様の通常盤とブルー・ヴァイナル仕様の限定盤で発売される。

◎リリース情報
アルバム『Cry Sugar』
2022/8/12 RELEASE
<国内盤CD>
BRC711 2,200円(plus tax)

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ