夏バテには天然のサプリを!オーストラリア大使館がナッツに関する食育授業を開催

WomanApps

梅雨明けと同時にやってくる真夏。今年も平均気温は平均並みか高く、酷暑が予想されています(※1)。
そうなると心配なのが熱中症や夏バテなどの体調不良。

元気に過ごすためには自律神経のバランスを整えることが大事ですが、ここで役立つのが、ビタミンB群、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルです。

自律神経を整えるのに効果的なだけでなく、血行促進効果が期待できるので冷房や薄着による「隠れ冷え性」でお悩みの方にも積極的に摂ってほしい成分です。

では、どのようにミネラルを摂取すれば良いのでしょうか?
おすすめは、ミネラルがたっぷり含まれているナッツ類を食べること。

例えば、血行促進に効果的な「ビタミンE」はアーモンドを手のひら分の量摂取することで1日に必要な量を摂取できますし、マカダミアナッツに含まれる「パルミトレイン酸」は血流アップに効果的です(※2)。

(※1)日本気象協会 吉田友海 2022年5月 「早い梅雨明け」 夏は「酷暑」か今年の夏はラニーニャ現象続く3か月予報」
(※2)ナッツ料理研究家 音仲紗良

■農業大国のオーストラリア!大使館によるナッツを通じた食育授業

そんなナッツについて、食育授業が行われたのが東京・世田谷区の国本小学校。
6年生の生徒たちが、農業大国としてアーモンドの生産量世界第2位を誇るオーストラリアとナッツの関係や、SDGsの取り組みについて学びました。

授業を行ったのは、オーストラリア大使館商務部マレイ・スペンス参事官とナッツ料理研究家の音仲紗良氏。

マレイ氏いわく、マカダミアナッツの生産量は全世界の30%。「マカダミアナッツというとハワイをイメージする人も多いが、むき実の生産量はオーストラリアが世界第1位。
アーモンドと同様に、使い方のバリーションが豊富な万能ナッツで、オーストラリア・マカダミア協会のWEBサイトには、マカダミアナッツを使ったレシピがたくさん紹介されているのでチェックしてほしい」と話しました。

また、SDGsへの取り組みにも積極的だそうで、「商品は過剰包装をすることなく販売しています。この他にもミツバチとの健全なパートナーシップによって、ミツバチの健康と持続可能性を維持しながら効率的な受粉を実践。
さらに、外皮と殻については再利用が進んでいるほか、将来のバイオマス利用に向けた研究も行われています」と、アピールしました。

■夏バテ防止に!忙しい朝でもOKなナッツを使った簡単レシピ
続いて、授業を行ったのは音仲氏。これから訪れる夏に向けて、「夏バテは栄養バランスが崩れることが原因のひとつ」だと説明。
「食欲がなくなりエネルギー不足になると、体温が低下して、自覚のない“隠れ冷え性”を加速させてしまうリスクもある」と指摘しました。

具体的に、夏に不足しがちな栄養素として音仲氏が挙げたのは、ビタミンB1・E・C、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル、たんぱく質、必須脂肪酸。
解決策として、これらの栄養素がバランスよく含まれているアーモンドやマカダミアナッツの摂取がおすすめだと言います。

そして、音仲氏が「忙しい朝にも手軽にナッツを食べられる方法」として紹介したのが、「ハチミツ漬け」と「ふりかけ」。「ハチミツ漬け」は、アーモンドまたはマカダミアナッツを瓶に入れ、ハチミツをたっぷりと入れて漬け込んだもの。

ヨーグルトやトーストとの相性抜群で、朝食にぴったりなのだそう。「ふりかけ」は、アーモンドやマカダミアナッツをビニール袋に入れ、上から麵棒やビンで叩いて砕くだけ。

手持ちのふりかけに混ぜてご飯にかけたり、塩とオリーブオイルなどと混ぜてサラダにかければ、ドレッシングの代わりにもなるのだとか。これなら作り置きしておけるので、忙しい朝でもパパッと食べられそうですよね!

■殻割り&試食体験。ナッツを通して知る、食のありがたさ
授業後半では、生徒たちがマカダミアナッツの殻割りを体験。専用の殻割り器を使用しても、「世界一硬い木の実」と言われるマカダミアナッツはなかなか割れません。
苦戦しながら殻割りを行うことで、ナッツを通して食のありがたみを体感した様子でした。
最後は試食タイムで終了。アーモンドとマカダミアナッツをそれぞれ食べた生徒たちは、
「香ばしい香り。噛むほど美味しさが増して、みんなにおすすめしたいと思った」
「今までオーストラリアなど他の国のこと知らなかったけど、ナッツは世界で親しまれていて栄養も高いということを知り、ナッツを身近に感じられた」
と、それぞれの感想を口にしました。

【参考】
※オーストラリア大使館商務部ウェブサイト(貿易・投資関連情報)
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan

※オーストラリア・マカダミア協会
https://australian-macadamias.jp/

※オーストラリア・アーモンド協会(英語)
https://australianalmonds.com.au/

元の記事を読む

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ