クレーマーに怒鳴られた女性店員 余裕な理由に「めっちゃ分かる!」「自分もそう」

grape

他人に見せるためであったり、好きな人の気を引くためであったり、楽しい気持ちになるためであったりと、オシャレにはいろいろな目的があります。

漫画家のオガサワラ(@saraogawa_)さんがTwitterに投稿したのは、自作である『わたしの武器を仕込んだら』に収録されたエピソード。

登場するのは、接客業をしている28歳の女性です。ある日、彼女は勇気を出してある行動をとりました。

子供の頃からあこがれていた、かわいい下着を購入したのです…!

『かわいい下着を買った話』

あこがれのかわいい下着を購入し、身に着けることにした結果、女性は驚くほど前向きに!

大好きなファッションで身を包むことによって、心を『武装』したのでしょう。

他人に見せずとも、自分の好みのファッションを楽しむことで、彼女は心に余裕ができ、自然と表情も明るくなったのです。

女性の変化とファッションの魔法を描いた作品は多くの人の心をつかみ、続々と反響が上がりました。

・自分の好きなものを身に着けるのって、すごく心の支えになるよね。自分もそう。

・俺は男だけど、気持ちが分かる。嫌なことがあっても、かっこいい下着を履いていると前向きになれる。

・めっちゃ分かる!他人に見せるわけではなくても、自分の気分を上げるのって大事。

きっと『かわいい下着』でなくとも、自身の心を癒し、前向きになれるアイテムを持っている人は多いのではないでしょうか。

落ち込んだ時は、あなたにとっての『かわいい下着』を見つけ出し、手元に置いてみてください。きっと、世界が輝いて見えるはずです!


[文・構成/grape編集部]

出典 @saraogawa_

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ