“はみ出る”の次のトレンドは!? 濃厚たまごパン+桃とクリームの“はさける”和スイーツ登場

OVO


 インスタ映えする“はみ出る”スイーツのブームが続いている。昨年は、パンにクリームをこれでもかとはさんだ「マリトッツォ」がブームに。今年に入ってからは、ワッフルにたっぷりのクリームとフルーツをはさんだ韓国のはみ出るスイーツ「トゥンワッフル」が話題になっている。

そんな中で登場する“はさける”和スイーツとは!? 創業明治元年の炭平旅館(京都府丹後市)が手がける「たまご専門店本巣ヱ(もとすえ)」(東京)は、「はみ出る」と「和スイーツ」を掛け合わせた「はさけるパン桃」を7月1日に発売する。

“はさける”とは、丹後弁で“はさむ”の意味。看板商品の「謹製 濃厚たまごパン」からはみ出るほどの生クリームとこだわりの桃を使用。見た目の印象とは裏腹に甘さ控え目、上品で優しい味わいが売り。

「謹製 濃厚たまごパン」は、選び抜いた卵と秘伝の製造方法により、焼き立て時は濃厚な卵の味わいと香りに包まれ、ふんわりとろけるような口溶けが特徴。挟まれる山梨県産の桃は、みずみずしく程よい甘み。たっぷり挟まれた練乳ミルククリームも、濃厚ながら程よい甘さ。その下にある十勝産のあずきを使用した粒あんは、砂糖を使わず米こうじで発酵させることによる自然で上品な甘味が楽しめる。税込み520円。

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ