『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』悟飯&ピッコロが超覚醒!公開後PV解禁

悟飯&ピッコロが超覚醒!! さらに、 ”最悪の存在” 《セルマックス》も登場!!
2022年6月11日(土)から公開中の『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』より、衝撃の公開後PVが超解禁となった!

1984年から1995年まで『週刊少年ジャンプ』で大人気作品として連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画『DRAGON BALL』。コミックスは全世界累計2億6000万部と驚異的な記録を叩き出し、連載終了後もなお、テレビアニメ・映画・ゲームなど様々なメディアミックスでファンを魅了し、全世界で桁外れの人気を誇っているモンスターコンテンツだ。

2015年に原作者・鳥山明原案による新シリーズ『ドラゴンボール超』がスタートし、映画では2013年に17年ぶりの劇場版シリーズが復活し立て続けに大ヒットを連発する中、前作『ドラゴンボール超 ブロリー』は全世界興行収入135億円超えとなる『ドラゴンボール』史上最大のヒットを記録した。

そして、常に高みを目指し進化し続けてきた『DRAGON BALL』シリーズの最新作映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』が6月11日(土)より公開中!
公開週の土日には動員数50万人、興行収入6.7億円を超え、動員数・興行収入ランキング共に堂々の1位を獲得。20日には、興行収入が12億円を突破し、SNS上では「スーパーヒーローだよ! 最高!」「開始5分でもう一回観たくなりました」「ドラゴンボールで泣くと思わなかった」といった、熱量の高いコメントが数多く寄せられている。

この度、そんな本作の公開後PVが遂に解禁! 悟飯&ピッコロの新たな姿、 そして ”最悪の存在” の正体が明らかに!

映像では、悟飯&ピッコロ、ガンマ1号&ガンマ2号の未体験の映像で表現されたバトルや、悟空とベジータの大迫力のバトルシーンが描かれつつも、本作の魅力でもある鳥山明ワールド全開の神龍とブルマのコミカルなやり取りが見られる。

そして、すでに解禁されていたピッコロ(潜在能力解放)を超えた《オレンジピッコロ》の姿が映し出され、レッドリボン軍が生み出した ”最悪の存在” の《セルマックス》と大激闘!
一目見ただけで強さと恐ろしさが伝わる、最凶兵器・セルマックスに立ち向かうピッコロは外見がオレンジ色になるだけではなく、巨大化し、セルマックスと死闘を繰り広げる。

ピッコロのピンチに遂に悟飯も眠っていた力を発現させ、《孫悟飯ビースト》の姿に! 髪は銀髪、瞳は赤くなり、さらにはすさまじいオーラを放つその姿は、普段の悟飯からは想像もできない荒々しさが感じられる。
いったいどんな闘いを繰り広げるのか、期待せずにはいられない!

さらに、今回初解禁となった孫悟飯ビースト、オレンジピッコロ、セルマックスについて、原作・脚本・キャラクターデザイン 鳥山明からコメントが到着。ユーモアを交えながら、3キャラクターそれぞれのこだわりや制作秘話について語っている。

また、6月25日(土)~全国の劇場で配布中の第2弾入場者プレゼント「鳥山明描き下ろし ビジュアルクリアボード」の絵柄2種を解禁!
1枚目はオレンジピッコロの迫力ある姿が描かれ、2枚目はセルマックスとガンマ2号が激突した本編の印象的なシーンが描かれている。
まだ手に入れていない人は劇場に急げ!
(※劇場により数に限りあり ※2種ランダム配布となり、絵柄は選べない)

強敵を前に世界を救うため、さらなる境地へと達した悟飯とピッコロの戦いが未体験の超美麗映像で描かれる、まさにドラゴンボール史を塗り替える、映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』。
鳥山明も「ひとことで言って、スゴいアニメ映画です!」と大興奮の映像クオリティで展開される ”超バトル” をぜひ劇場で体感してほしい!

>>>鳥山先生コメントや第2弾入場者プレゼント絵柄を見る!(写真4点)

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。