【訃報】渡辺宙明さん追悼「特撮・アニメに鳴り響く宙明サウンドよ永遠に」

作曲家・渡辺宙明氏の逝去を悼み、生前に渡辺氏と数々の仕事で交流があったフリーランス・ディレクターの高島幹雄氏に、その偉大な業績を振り返っていただいた。また、渡辺氏と縁のあるアーティストの方々の追悼コメントも併せて掲載する。(編集部)

>>>追悼コメントを寄せたアーティストたちを見る(写真6点)

昭和、平成、そして令和に渡って、数多くの特撮・アニメ作品の主題歌や挿入歌、劇中BGMの名曲を数多く生み出した作曲家・渡辺宙明(わたなべ・ちゅうめい、本名=みちあき)さんが、6月23日に老衰による心不全のため東京都渋谷区の病院で亡くなった。96歳。1925 年8月19日生まれ。愛知県名古屋市出身。 東京大学心理学科卒業。

渡辺宙明さんが作曲家を志したきっかけは、少年時代に接したハーモニカだった。70年代のアニメ『マジンガーZ』や特撮『イナズマン』の挿入歌などのハーモニカの使い方にその片鱗を感じる。
1956年の映画音楽デビュー以降、数多くの映画音楽を手掛けた後、特に1972年放映開始の特撮TV映画『人造人間キカイダー』、TVアニメーション『マジンガーZ』以降は、ホーンセクションとリズムを軸にしたサウンドで、数多くのヒーローに音楽で彩りを添えてきた。2021 年はスーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』の音楽を担当。90歳代の現役作曲家……生涯現役だった。

筆者はレコード会社勤務時代に、渡辺宙明さんと全てミュージシャンが演奏するレコーディングの仕事(関智一原案・主演・歌『銀河ロイド コスモX』)の時だったか、ファンから言われる宙明節と宙明サウンドについて伺うと、こう語られた。

「私の音楽はメロディーだけじゃないんです。編曲を自分でやる音楽は、宙明節というよりも宙明サウンドなんです」

筆者が知る限り、作曲のみならず、自らの手で編曲もしたいタイプの作曲家。90歳の時に卒寿記念で企画・制作させて頂いた3種類のCD BOXや、2018年発売『マジンガーZ/INFINITY』の特装盤なる7枚組CD BOXの制作時などにおける渡辺宙明さんとの思い出が去来する。

記事の最後には、渡辺宙明さんが主題歌、挿入歌あるいは劇中BGMを手がけた数多くの作品から、主な特撮・アニメ作品のタイトルをピックアップして掲載させて頂いた。あなたの思い出の歌や今も好きな歌がきっとあるはずだ。

高島幹雄

【渡辺俊幸/作曲家・編曲家・音楽プロデューサー】
<生涯現役の作曲家であった我が父、渡辺宙明>

私の父、渡辺宙明は、令和4年6月23日の明け方に老衰による心不全でこの世を去りました。就寝中に安らかに旅立って行きました。あまりに突然の事で息子として大きなショックを受けましたが、96歳という年齢を考えると大往生であったと思います。
父は、1956年、31歳の時に「人形佐七捕物帳 妖艶六死美人」(新東宝)の映画音楽を担当して以来96歳の現在まで65年間、現役の作曲家として過ごす事が出来ました。多くの方々が父の音楽を愛し支え続けてくださったおかげだと思っています。有難うございました。
90歳を過ぎても作曲を続ける意欲は衰える事はありませんでしたが、昨年、「機界戦隊ゼンカイジャー」の音楽を大石憲一郎さんとの共作で担当した時には、当時95歳の父のエネルギーとパワーに驚かされたものです。
映画、テレビドラマ、特撮もの、アニメ等様々な分野で数多くの作品を残し、世界の国々も含め多くのファンから愛され続けた父の音楽家人生は、実に幸せなものであったと思います。
今後も父が残した音楽が長きにわたって多くの方から愛され続ける事を心から願っています。

渡辺俊幸

【ささきいさお 歌手】
渡辺宙明先生への追悼  ささきいさお

昨年3月に行った私の配信ライブコンサートは、コロナ禍の為、無観客で開催された。そこに宙明先生が「ささきさんの歌を聞いておきたいから」ということで、ひょっこりお出でになった。
車椅子に座りながら1時間余り、笑顔と拍手を絶やさず最後まで楽しそうにしていらしたのが忘れられない。
これからも、客席で先生が見ていらっしゃることを思い浮かべ、誠実に歌っていきたいと思います。
改めてご冥福をお祈りいたします。

【水木一郎 歌手】
宙明先生には「マジンガーZ」をはじめ、実にたくさんの歌を作っていただきました。そのどれもが、時代を越え、国境を越えて、世界中のファンに愛され続けています。
先生に出会わなかったら、今の僕はありません。先生と同じ時代を生き、アニメソングという新たなジャンルを切り開いていくことができて幸せです。そしてそれは、歌手をめざしたときから決められていた、運命的なことだったような気がします。
生涯現役を貫いた先生の生き方は、僕の目標です。くじけそうなときも、先生を思い出して、精一杯生きていきます。
宙明先生、いままで本当にありがとうございました。どうか安らかにお眠りください。

水木一郎

【堀江美都子 歌手】
渡辺宙明先生のご逝去にあたり謹んでお悔やみ申し上げます。
長きに渡りご指導頂き感謝の言葉もありません。
秘密戦隊ゴレンジャー、サザエさんのうた、野球狂の詩、をはじめたくさんの曲を歌わせていただきました。
先生の曲には私の中に眠っているパワーを引き出してくださる力があって、その都度に勇気や向上心を掻き立ててくださいました。
レコーディングやコンサートでは「今日も素晴らしい歌唱でした。」といつも褒めてくださいましたし、プライベートでは私たちの健康を気遣ってくださり、肉と卵を食べなさい、甘いものと炭水化物は少なくね!と電話やメールで話してくださいました。
生涯現役で意欲的に作曲活動されていらした先生、先生の音楽に向き合う姿を忘れずに歌い続けて参ります、どうぞゆっくりお休みください。敬愛する渡辺宙明先生へ。堀江美都子。

【串田アキラ 歌手】
宙明先生 ありがとうございました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

「太陽戦隊サンバルカン」から「ダイヤル回せ!ゼンリョクゼンカイオー」まで
数えきれないほど曲を書いて頂きました。エピソードもいっぱいあります。

倒れたら立ち上がり 前よりも強くなれ
「強さは愛だ」のこの歌詞が大好きだった先生のSoul 忘れません
大先生だけど親のような 簡単にはわからない深?い優しさがあった。
頑張ることの勇気も教えてくれた。

「串田さんはね 80歳までバリバリ歌えますよ。
私はね 100歳になっても作曲しますよ!」
と言ってたのに 早過ぎるよ

先生がテレビ出演されたのを観て 感想をメールしたら
「串田さん、どうもありがとう」と それが最後のメールでした。
今でもまだ先生から電話がかかってきそうです。

これからも 宙明先生の曲 大切に歌い続けます。

串田アキラ

渡辺宙明 作品リスト(作成:高島幹雄)

【特撮作品・子ども向けドラマ】

『忍者部隊月光』(1964)
『人造人間キカイダー』(1972)
『どっこい大作』(1973)
『キカイダー01』(1973)
『イナズマン』(1973)
『イナズマンF』(1974)
『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975)
『アクマイザー3』(1975)
『超神ビビューン』(1976)
『大鉄人17(ワンセブン)』(1977)
『ジャッカー電撃隊』(1977)
『透明ドリちゃん』(1978)
『スパイダーマン』(1978)
『バトルフィーバーJ』(1979)
『電子戦隊デンジマン』(1980)
『太陽戦隊サンバルカン』(1981)
『大戦隊ゴーグルファイブ』(1982)
『宇宙刑事ギャバン』(1982)
『宇宙刑事シャリバン』(1983)
『宇宙刑事シャイダー』(1984)
『巨獣特捜ジャスピオン』(1985)
『時空戦士スピルバン』(1986)
『機界戦隊ゼンカイジャー』(2021)
※この他、挿入歌のみの作品も多数。

【アニメーション作品/OVAを含む】

『マジンガーZ』(1972)
『昆虫物語 新みなしごハッチ』(1974)
『グレートマジンガー』(1974)
『サザエさん』(1975)
『鋼鉄ジーグ』(1975)
『マグネロボ ガ・キーン』(1976)
『合身戦隊 メカンダーロボ』(1977)
『おれは鉄兵』(1978)
『野球狂の詩』(1978)
『とんでも戦士ムテキング』(1980)
『最強ロボ ダイオージャ』(1981)
『光速電神アルベガス』(1983)
『ビデオ戦士レザリオン』(1984)
『戦え!!イクサー1』(1985)
『学園特捜ヒカルオン』(1987)
『破邪大星 ダンガイオー』(1987)
『レイナ剣狼伝説』(1988)
『戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマーV』(1989)
『ゲッターロボ號』(1991)
『流星機ガクセイバー』(1993)
『神魂合体ゴーダンナー!!』(2003)

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ