小栗旬、知られざる幼少期の夢を明かす「ドラマを観て影響されたんです(笑)」

dwango.jp news


俳優の小栗旬が、6月27日(月)に公開された『GQ JAPAN』のデジタル版『GQ HYPE』に登場する。



『GQ HYPE』は 「『いま=RIGHT NOW』を伝え、 届ける。 」をテーマに、 一問一答の質問をベースに出演者のパーソナリティに迫るインタビューと、ここでしか見ることのできない『GQ HYPE』オリジナルのビジュアルが特徴となっている。27日に公開する第1弾

では、 現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主演を小栗が登場。小栗が考える古くてどこか新しい「アヴァンギャルド」をファッションで表現する。さらに小栗のパーソナリティに迫る、39の質問を用意。小栗は「今の自分に点数をつけるとしたら……」「これから挑戦したいことは……」などの一問一答に回答している。

■Q&A「39歳、 小栗旬に訊く39の質問」 ※一部抜粋

Q:幼少期の夢は?

シェフに憧れていたことがありました。

Q:料理が好きだった?

いや、 東山紀之さんが出演していた『ザ・シェフ』というドラマを観て影響されたんです(笑)。

Q:今の自分に点数をつけるとしたら?

うーん、 70点。人間的にはまだまだだけど、50点にしちゃうのは自分に悪いかな。

Q:エゴサーチはする?

昔はしていたけど、最近はしなくなりました。作品のことを調べることはあるけど、自分のことはしませんね。傷つくだけですから(笑) 。

Q:香水はつける?

気分によっていろいろつけます。演じる役によって香りを決めたりもしますね。この役はこのイメージとか。そうするとその香りによって、自然に役に入れたりもするので。最近よくつけるのは「diptyque」の香水です。

Q:これから挑戦したいことはありますか?

子どもたちが空手を習い始めたんですけど、自分もちょっとやってみたいなと思っています

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ