山崎貴監督「新垣結衣さんから、試写後に『好き』と言われて固まった」 「あっ、映画のことねって」

エンタメOVO


 映画『ゴーストブック おばけずかん』完成披露舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣と山崎貴監督が登壇した。

本作は、人気の童話シリーズ『おばけずかん』を実写映画化。“どんな願いごともかなえてくれる1冊の本=おばけずかん”を手に入れた子どもたちを待ち受ける数々の試練、新たな出会いや別れを描く。

主人公の子どもたちを演じるのは、総勢500人が参加したオーディションを勝ち抜いた城、柴崎、サニー、吉村の4人。

盛大な拍手で迎えられた城は「こんなに大きな会場での舞台あいさつは初めてです」と緊張気味にあいさつ。同世代の仲間と挑んだ撮影については、「プレッシャーもすごくありましたが、みんなと支え合いながら、何とか乗り切れた感じです」と笑顔で振り返った。

子どもたちと不思議な世界に迷い込む瑤子先生を演じた新垣は「私自身、ファンタジー作品が大好き。大人が見ても楽しめる映像になっていると思います」と本作をアピール。

試写後に、山崎監督に「好き」だと伝えると、山崎監督は「隣に座っていた新垣さんから、試写後に『好き』と言われて5秒ぐらい固まったけど、あっ、映画のことねって」と明かした。

また、新垣は撮影時の思い出話も披露。「待ち時間に勉強している子もいて、『教えてください』と言われたのですが、全然教えられなくて。『できない』とすぐに拒否するのもなと思って、ネットで一生懸命調べながら、一緒に考えたのですが、役には立てなかったです」と苦笑交じりに語った。

それでも、新垣に教えてもらったという吉村が「すごくうれしかったです」と語ると、城も「新垣さんは、明るくて優しくてまさに本当の先生みたいな感じ。僕のギャグにも新垣さんだけが笑ってくれて」とエピソードを披露。新垣は「桧吏のギャグ、最高だったよ」と応じた。

映画は7月22日から公開。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ