山下達郎、アルバム『SOFTLY』がオリコン週間ランキング1位 「昭和・平成・令和」3時代で1位獲得の快挙

SPICE


6月28日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で⼭下達郎の最新アルバム『SOFTLY』が、初週売上、15.1万枚で1位を獲得。2012年9月発売の『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』以来、9年8ヵ月ぶり、通算12作目の1位となった。

これで、「昭和・平成・令和」の3時代でアルバム1位獲得。「昭和・平成・令和」の3時代でアルバム1位を獲得したのは、史上4組目の達成となった。また、⼭下達郎は今回69歳5ヵ月での1位獲得となり、「アルバム1位獲得最年⻑アーティスト」記録では、歴代2位。さらに、⾃⾝の年齢が20代、30代、40代、50代時にも1位を獲得しており、「年齢5年代で1位を獲得したアーティスト」としては、史上3組目、男性アーティストでは初となった。

このアルバム『SOFTLY』は2011年に発売された『Ray Of Hope』以来、なんと11年ぶり、通算14枚目のオリジナル・アルバム。映画「陽だまりの彼女」の主題歌であった「光と君へのレクイエム」、

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の主題歌「CHEER UP!THE SUMMER」、そして、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の主題歌「REBORN」、さらには、細田守監督作品、映画『未来のミライ』のオープニングテーマ「ミライのテーマ」、日曜劇場『グランメゾン東京』の主題歌「RECIPE(レシピ)」などの大ヒット・シングルに加え、「JAL HAWAII Style yourself」篇CMソングの「LEHUA, MY LOVE」や、モデルのローラさんの出演で話題となった、エステティックTBC/ソシエ エステティック TV-CMソング「SHINING FROM THE INSIDE」など、CM曲の初CD化音源も収録。

この11年間の集大成とも言える、全15曲の豪華かつバラエティに富んだ内容となっている。なお、既存曲は全てニュー・ミックスが施され、格段に音質がアップしている。

※年度はオリコンランキングの集計・発表年度に基づく
<クレジット︓オリコン調べ(2022/7/4付︓集計期間:2022年6月20日~6月26日)>

当記事はSPICEの提供記事です。