6月29日蟹座新月|2022年下半期を迷わないために

カナウ


6月29日蟹座新月|2022年下半期を迷わないために

29日はかに座新月。穏やかでアットホームな雰囲気が漂いながらも、落ち着きすぎず未来に目を向けることになるでしょう。

本格的な夏を迎えようとしている今、新月は何を伝えているのか詳しく見ていきます。

目次



木星牡羊座期……どんな感じ?



5月11日に幸福を司る星・木星が牡羊座に入りましたが、今回の新月は「その後どうですか?」とご機嫌うかがいをしているような感じです。
仕事や恋愛に勢いが出て充実する人がいる一方で、慌ただしさに翻弄されつつ疲れを感じている人もいるかもしれません。
おひつじ座には木星のほか、守護星の火星も滞在してカッカしたムードがしばらく高まり続けます。アクティブな運気をどう生かすか、今一度考えたいタイミングを迎えているでしょう。
活発に動いている人も、ややお疲れ気味の人も、自分を客観して少しクールダウンすると良さそうです。

身近なところからバージョンアップ



かに座新月は「ステップアップ・遠い場所・理想」をあらわす第9ハウスで起こります。
これは、今回の新月テーマが今より良い状態を求めて一歩踏み出すことを意味するんですが、新月が起こるかに座は「家・家族・内面」といったクローズドな象徴を持つので、アクションを起こすなら身近なことから始めるといいでしょう。
ムリに大げさな挑戦を始めるとか、壮大な理想を思い描く必要はありません。
たとえば趣味のアクセサリー作りをSNSで紹介したり、ネットショップで販売したり。あるいは、興味があるけれど距離がまだ遠い先輩や役員に挨拶してみるなど、些細なことをワンステップ進めるといいでしょう。
自分にとっては「試しにやってみた」であっても、誰かにとっては大きなメリットになるかもしれませんし、アクションを起こしたことであなたに注目する人がいるかもしれません。

副業を始めるならベストタイミング


木星牡羊座期ならではの焦燥感にかられる人も、金銭的理由から収入を増やそうとする人も、副業を始めるなら今がベストタイミングです。
また、副業に限らず、見せていない得意分野をアピールすることで仕事に動きが出てくるかもしれません。
今回の新月は自己実現をあらわすMCというポイントに隣接していて、仕事での新しい展開も暗示しています。しかも、新月は「秘められた魅力」を示すリリスと重なり、内なる欲求・エネルギーの開放を促すでしょう。
「やってみたい」という衝動を大切にして、できることから始めてみてください。
もし、副業に興味がありながらも「誰も相手にしてくれなかったらどうしよう」とネガティブになるなら完璧を求めないように。やってみなければわからない部分があるはずです。
失敗したら怖い……と思うときは、やらずに後悔することこそ失敗と考えましょう。

自分の中に眠る可能性を掘り起こして!



10月末まで続く木星牡羊座期はひたすら前進を望むパワフルな時期です。勢いがあるぶん、目標を正しく見定めないと暴走しがちになり、気づいたら迷子になっている可能性もあります。
だからこそ足元をよく見て、自分がどこに向かおうとしているのかを確認することが大事。
また、木星牡羊座期とはいえ、世の中のすべての人が一世一代の大勝負をするわけではありません。今ある幸せを守りながら、もう少し豊かに日々を送りたいと考える人がほとんどでしょう。
ワンステップ進めるなら身近なところから。可能性が広がるかどうかは、自分がどれだけ楽しめるかどうかにかかっています。
・身近なところでワンステップ上を目指す
・趣味を本格的に学ぶ
・丁寧で洗練された暮らしを心がける
・好きなことを副業に
・得意分野を突き詰めると強力な武器になるかも
2022年下半期を充実させるためにも、かに座新月が伝える5つのポイントに注目してみるといいでしょう。
(沙木貴咲/占い師)

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ