【寒気】お盆の時期、海から上がってきた母の腕にあった”謎の手形”。よーく見ると”ゾッと”する事実が。<ちょっとした恐怖体験>

liBae


みなさんは”恐怖体験”したことありますか?
今日は実際にユーザーが体験した、ちょっとゾクッとした話をご紹介いたします!

帰省先で出会ったご先祖様


これは私が20歳での出来事です。
毎年お盆の時期に、地方の祖父母の家に帰省しているのですが、その日は親戚一同でのバーベキューパーティでした。

祖父が見当たらなかったので、よく祖父が農作業をしている野外の物置きを探しに行きました。

物置のドアを開けると奥から左手前にサササっと人の気配がしたので、
「おじいちゃん!バーベキュー始まるよ!」と左手前を見ると、誰もいなかったのです。

人の気配という伝え方をしましたが、正確には下半身しか見えなかったような気がしています。
あの時見えたものは、恐らくご先祖様だったのではないかと思っています。

というのもお盆の時期に帰省するとほぼ毎年、人の気配のようなものを感じるからです。
ご先祖様が帰ってきて私達を見守っているのかなと信じています。

(25歳/主婦)

海から上がった母の腕に…


私が中学生の時の話。
私は両親と二つ下の妹の4人家族です。

両親の仕事の関係で、家族旅行はいつもお盆の時期に海でした。
海に到着し日中海水浴を楽しみ、父と私は少し泳いだら先に海から出て海の家で休んでました。

10分ほどして、母と妹が海の家に上がってきたとき、母の腕を見て私たちはゾッとしました。
母の右腕(手首から肘の部分)に手形がついていたのです。

最初、「一緒にいた妹の手形が日焼けになっちゃった」と笑っていたのですが、妹が握っていたのは左腕。
しかも、手形は妹より一回り大きいのです。

そんな話をしていた時に、海の家の人が「あんたそれ、日焼けじゃないよ。手型の方が焼けるはずないじゃないか」

次の日地元の神社にお祓いに行くと、
神職の方が「あなた先祖のお墓参りに行ったかい?あなたのおじいさんが会いたがってるよ」と母に伝えました。

次の年から母はどんなに仕事が忙しくてもお墓参りだけは欠かさなくなりました。

(22歳/会社員)

いかがでしたか?


今回は、ちょっとゾクッとしたエピソード…!
みなさんの恐怖体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(liBae編集部)

当記事はliBaeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ