霜降り明星せいや×ドン・キホーテが初コラボ! 「酒袋飲みごろタンブラー」シリーズ販売

OVO



お笑いコンビ・霜降り明星のせいやが、生活関連商品の企画から販売までを請け負うドウシシャと共同開発した「酒袋飲みごろタンブラー」シリーズが、7月1日(金)から全国のドン・キホーテ系列店舗 (一部店舗を除く)で順次販売される。

「酒袋」とは、せいやが考案した「お酒をたくさん飲む人」という意味の造語。「人はお酒を飲むために袋として生まれてきたに過ぎない」と語るほど酒好きの彼らしい発想だ。「酒袋飲みごろタンブラー」シリーズは、その「酒袋」をテーマにした初のオリジナルグッズで、お酒をおいしく飲めるタンブラー・ジョッキとして開発された。

保冷・保温効果が高いステンレス真空二重構造で、飲み物が外気の影響を受けにくく、氷が溶けず冷たさもおいしさも長持ちする。また、外側へ温度を伝えづらいため、冷たい物を入れても結露しにくく、温かい物を入れても外側が熱くなりにくい。さらに、本体底部に突起が付いており、ビールを注いだ時に対流を起こすことで、通常のステンレスタンブラーに比べ泡立ちやすい構造になっている。

デザインには、お酒を飲む人も飲まない人も「人類皆酒袋」というメッセージが込められ、シンプルなパッケージはプレゼントにも最適。せいやのサインが描かれたメッセージカードと、オリジナル・ステッカーも封入されている。サイズは、「酒袋ビールタンブラー」(420ml/税込み2,178円)、「酒袋ジョッキ」(600ml/同2,728円)、「酒袋メガジョッキ」(1.0L/同2,948円)の3種類。せいやも「『酒をいれて出すだけ、それが人間なんですわ、だから人類皆酒袋なんですわ』と言っていたら、真に受けて商品出してもらえることになりました。僕らのファン以外の方でも使ってもらえるとうれしいです」と期待を寄せる。

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ