穏やかで優しい表情の石野真子と、成人を迎えた鈴木福の大人びた表情が印象的 舞台『きっとこれもリハーサル』のメインビジュアルが公開

SPICE



2022年9月29日(木)~10月13日(木)東京・新国立劇場小劇場、10月22日(土)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて、舞台『きっとこれもリハーサル』が上演される。この度、メインビジュアルが完成した。

本作は「喪主の練習がしたい」と突如言い出す母親に巻き込まれた家族たちが繰り広げる異色の”お葬式コメディ”。ご近所のグダグダなお葬式に参列した母が、あぁはなりたくない、と、喪主の練習に奮闘する「お葬式の練習」というユニークなテーマの作品となっている。

主演・太田弘江役は石野真子。弘江の息子・太田賢一役には鈴木福が決定。そのほか、川島海荷、しゅはまはるみ、羽場裕一が出演。

解禁となったメインビジュアルは、石野演じる弘江が浮かべる穏やかで優しい表情と、今年成人を迎えた鈴木福の大人びた表情が印象的だ。

母・太田弘江役 石野真子 コメント


久しぶりの舞台です。お客様の前に立てる喜びと感謝でいっぱいです。
共演者の皆様と共に家族の身近な問題を解きほぐしていく愛しいユーモアたっぷりの会話を紡いでいきたいと思います。是非楽しんでくださいませ。

長男・太田賢一役 鈴木 福 コメント


太田賢一役の鈴木福です。
今回が初めてのストレートプレイになるので、少し緊張していますが、とても楽しみです! 「ハートフルお葬式コメディ」という字面だけで笑ってしまいますが、最高のハートフルお葬式コメディをお届けできるよう、頑張ります!賢一の秘密の目標にも、ご注目ください!

長女(賢一の姉)・太田泉美役 川島海荷 コメント


脚本を読ませていただき、とても心に刺さり感動したので、それを舞台上でどう表現できるのか、いまから楽しみです。キャストも多くなく密な関係性になってくると思うので、皆さんとコミュニケーションをとりながらいい作品を作るために頑張りたいと思います。
どうぞ劇場へお越しください。

葬儀屋・斎藤美香役 しゅはまはるみ コメント


私にとって非常に驚きと喜びの公演です。というのも脚本の赤松氏が旧い友人で、まだ企画段階の時から私を出演者として検討してくれており「実現したら凄いね嬉しいね。祈るしかないね!」と2人で盛り上がっていたのです。複雑なご時世で舞台公演そのものが難航してしまう中、ようやくこうして実現したことが感慨深くて溜まりません。稽古を待ち詫び武者震いの日々です!

父・太田昭雄役 羽場裕一 コメント


役者は『棺桶に入る役』をやると、⾧生き出来ると言われています。
今回、衣装は白装束だと聞きました。棺桶に入っている芝居って……稽古場では、ジャージだし。ジャージで棺桶。⾧生き出来るのかな。うーん。わからないけど頑張ります。

潤色・演出 土田英生 コメント


喜劇と悲劇は表裏一体で、同じ物事でも見方によって変わってしまう。そんな面白さを描いた赤松新さんによる台本を、出演者と演出に合わせて私は少しだけ潤色させてもらいました。石野真子さんをはじめとした本当に多彩なキャスト。魅力あふれる空間を創り上げたいと意気込んでいます。近くにいるからこそ見えないことが浮かび上がる喜劇。ご期待ください!

脚本 赤松新 コメント


今までお葬式の経験が数度ありました。
毎回そこで気になってた事が、今回のお芝居を書くにあたり調べてみて、「へ~」とか「ある程度決まってるのね」などなどスッキリしました。葬式を練習する家族をご覧いただき、帰る頃にはお葬式についても少し知れるお得感もございます。是非とも舞台をご覧いただき、楽しんで頂けましたら幸いです。

ビジュアル撮影にも立ち会った土田と赤松がさらにイメージを膨らませ、どのような物語を紡ぎ、どんな笑いとメッセージを我々に届けてくれるのか、期待が高まる。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ