【オールドルーキー】オフサイド以外にもツッコミどころ満載の第1話で発覚した「明らかなミス」とは

asageiMUSE


 これには司会者役のアンミカもビックリしたのでは? 6月26日にスタートした日曜劇場「オールドルーキー」(TBS系)が、第1話からツッコミどころ満載だったと話題になっているようだ。

綾野剛が日本代表経験を持つ元Jリーガーの新町亮太郎を演じ、その妻で元女子アナの果奈子(榮倉奈々)がしっかりと夫を支えていく。そんな家族愛も描く本作では、冒頭のシーンでいきなりサッカーファンの度肝を抜く場面があったという。

物語は2009年6月19日に開催されたワールドカップアジア予選の後半ロスタイムからスタート。ここで勝たないとワールドカップ出場への道が閉ざされるという大事な試合だ。敵ゴールに迫る日本代表は左サイドにパスを送ったが、このシーンがサッカーファンのあいだで物議をかもしているのである。

「このパスに視聴者からは一斉に《それオフサイドだから!》の声があがることに。味方の選手(8番)が相手ディフェンスラインよりもはるかに奥でパスを受けていましたからね。ただこのシーン、パスを放った瞬間に8番がどこにいたかは映っておらず、ものすごいスピードで奥に展開した可能性も。しかも本作では元日本代表の大久保嘉人氏がサッカー指導・監修として協力していますから、さすがにオフサイドを見逃すことはなさそうですが…」(スポーツ誌ライター)

もっともツッコミどころはオフサイドだけに留まらない。J3のチームがシーズン途中でいきなり解散することなどあり得ないとの指摘も噴出。元日本代表の新町が誰からもキャリアサポートを得られないのも不自然だ。細かいところで言えばユニフォームに書かれた「SHINMACHI」というスペルも、本来なら「SHIMMACHI」(NではなくM)のはずだという。

ただ、これらの批判に対しては<ドラマなんだから堅苦しいことを言うな>といった反論の声も少なくない。サッカー引退を余儀なくされた新町が再就職で苦しみつつ、やがて新たな道を見つけるというストーリーには<最近の日曜劇場で一番面白い>といった評価もあるようだ。

 まだ現役選手だった新町(綾野剛)を盛り立てる司会者役のアンミカ。トップ画像ともにアンミカ公式インスタグラム(@ahnmikaofficial)より。

まだ現役選手だった新町(綾野剛)を盛り立てる司会者役のアンミカ。トップ画像ともにアンミカ公式インスタグラム(@ahnmikaofficial)より。

ただ、明らかな間違いだけはさすがにどうにかならなかったのかとの指摘もあるようだ。それは主役の新町がまだJ3・ジェンマ八王子の現役選手だった当時、地元CATV局の番組「GO!GO!ジェンマ!!」に出演した場面だったという。

「その番組では司会者(アンミカ)が手書きのボードで新町の経歴を紹介。ボードには『2021年 J3移籍』と書いてあり、アンミカ自身もそう説明しているのですが、画面のテロップにはなぜか『2022 J3』と表示されていたのです。そしてもう一つの間違いは、新町が2003年にJリーグ入りしたにも関わらず、日本代表入りした2009年を『6年目』と説明していたところ。実際には『7年目』なのですが、おそらく単純に引き算してしまったのでしょう。同じ間違いは『J1で16年活躍』(実際には17年)という箇所にも露呈していました」(前出・スポーツライター)

さすがに数字の間違いは<ドラマだから>では済まないはず。テロップの間違いに至っては、なぜ制作側が誰も気づかなかったのかがまったくの謎だが、第2話以降ではそんな間違いを払しょくする盛り上がりに期待したいものだ。

当記事はasageiMUSEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ