大野拓朗、「人生は一度きりだから、後悔はしたくない」ハリウッドデビューへの思い【インタビュー】

エンタメOVO


 NHK連続テレビ小説「わろてんか」の舶来屋キース(山村喜助)役、大河ドラマ「西郷どん」の中村半次郎役など、数々のドラマや映画で存在感を発揮してきた大野拓朗。現在は、ハリウッド進出を目指し、日米に拠点を置いて活動を続けている。そんな大野が、甲斐翔真とWキャストで主演する、「Daiwa House Special 音楽劇『クラウディア』Prodeuced by地球ゴージャス」が7月4日から開幕する。岸谷五朗・寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の中でも、伝説の作品として再演を熱望されてきた本作への意気込み、そして、ハリウッド進出への思いを聞いた。

-本作は、岸谷さんの「反戦三部作」の第1作目となる作品で、愛を禁じられ、戦いに明けくれる二つの民族しかいない世界を描いた物語です。最初に脚本を読んだ時、どんな感想を抱きましたか。

演劇的で芸術的で、とても美しい、きれいな作品だと感じました。美しい言葉たちに彩られた、個性が立っているキャラクターたち全員のエネルギーがお客さまに真っすぐにぶつかるような感覚でした。

-大野さんが演じる細亜羅(ジアラ)という役は、これまでの公演では寺脇さんが演じてきた役になります。今、現在はどのように演じたいと考えていますか。

真っすぐで、熱く純粋な男で、だからこそ剣もただただ一生懸命練習している。それは、人を斬るためじゃなくて、ただ強くなりたいからなんだという、細亜羅の思いを役に反映させていければと思います。寺脇さんが演じていらした当時の年齢よりも、僕は若い年齢でやらせていただくので、風格を出すためにもどっしりと構えた芝居をしなければ説得力が出ないと思います。風格のある人物になるよう、そこも意識したいです。

-ダンスも歌も殺陣もある、見どころの満載の作品ですが、舞台で殺陣を披露するのは初めてですか。

そうですね。映像作品では、「西郷どん」で“人斬り半次郎”という、幕末から明治維新にかけての最強の剣士という役どころを演じさせていただいたり、映画・ドラマ「猫忍」では忍者の主人公役で刀を使った殺陣をやらせていただきました。ですが、舞台ではこれまでやったことがなかったので、楽しみでもあり、緊張もあります。舞台はやはり生ものなので、一挙手一投足まで、ありのままの姿をお客さまにお見せすることになるので、剣豪としての説得力を出せるように、立ち居振る舞いから作り上げていきたいです。

-本作は、桑田佳祐さんが書き下ろした「FRIENDS」をはじめ、サザンオールスターズの数々の楽曲が劇中で歌われるのも見どころの一つです。

やっぱりサザンオールスターズさんの曲たちは、日本人のDNAに刻み込まれていますよね。大変失礼な話ですが、「クラウディア」の劇中歌で何曲か僕の知らなかった楽曲もあったのですが、今回、初めて聞いたときに鳥肌が立ちました。全部の曲をどんどん好きになっていく。不思議なことに、自然と気持ちが乗ってしまうんです。本当にDNAに組み込まれていると感じています。まさにレジェンド。名曲ばかりです。ぜひ、お客さまにもサザンの楽曲とともに楽しんでいただければと思います。

-ところで、大野さんは俳優として活躍を続ける中、2019年にニューヨークに留学を果たしました。現在、「ハリウッド進出」を目標と掲げていますが、留学時からその夢を持っていたのですか。

はい、最初からそのつもりで、まずは語学の勉強をと思い、ニューヨークに行きました。実は、それまで英会話を習ったことがなかったんです。ですが、僕はハリウッドに挑戦するに当たって、アメリカの文化と言語をしっかりと自分の中に入れ込んだ上で芝居をしたかった。アメリカの文化も知らない日本人が片言の英語で芝居をするのはリアルじゃないですよね。なので、まず第一歩目として留学に行こうと。それで、どこに行こうか考えたときに、ニューヨークなら車を使わなくても生活できますし、ブロードウェーや美術館にも足を運べると思い、長期滞在を予定して向かいました。そんな折にコロナ禍になってしまい、満喫はできませんでしたが。

-そもそもハリウッドに挑戦したいという思いは、いつ頃から芽生えたものだったのですか。

近年、身近な方が若くして亡くなられるということが続いて…。そのときに、「人はいつ命を落とすか分からないんだ。人生は一度きりだから、後悔はしたくない」と強く思いました。自分が決めた、進みたい道を目標を持って生きることで、今日がどんなに大変でも、寝る前には「今日もいい1日だった」って思えるようにしたかったんです。そう考えたときに、小さい頃から「世界中を飛び回る仕事に就きたい」という思いや、当たり前のように、「英語を話せるようになっていたい」と思っていたことが実現できていないことに気付いて…。まずは、英語を話せるようになろうと。そして、せっかく俳優をやっているんだから、小さい頃から親しんでいたハリウッド映画に挑戦したいと思うようになりました。

-留学を経て、帰国後はブロードウェーミュージカル「プロデューサーズ」や「エニシング・ゴーズ」などの舞台作品に出演し、その好演が話題となりました。ご自身の中で、留学したことによる変化は感じましたか。

感じました。ニューヨークでは、新型コロナによるロックダウンを4カ月経験して、何のアクティビティーもない中で、家にこもって勉強しているっていう日々だったので、自宅で映画やドラマ、演劇を見ることで僕自身も救われた思いでした。なので、帰国後に出演した「プロデューサーズ」で客席に笑いが起こり、「元気になった」と言っていただいて、こうしてエンターテインメントを作って届ける俳優という職業に就いて本当に幸せだと感じました。エンターテインメントは、必要不可欠なものではないかもしれませんが、日々の生活を豊かにするものだと強く思います。20代は、ただただ突っ走り、「今日の自分より明日の自分」と思ってひたすら成長することを目指した10年間でしたが、30代になり、心身ともに余裕ができて、感謝の気持ちを伝えられるようになり、充実した日々を送ることができていると思います。

-23年3月からは、ロスに拠点を移す予定と聞いていますが、今後の目標は?

もちろん、まずはハリウッドデビューなのですが、具体的に言うならば、ヒュー・ジャックマンとミュージカル映画で共演したいです! その夢がかなうように頑張ります。

-改めて、本作への意気込みを。

細亜羅という役は僕が今まで舞台で演じてきた中で、一番、カッコいい役になると思います。圧倒的にカッコ良く演じられるように、鍛錬していきたいと思っています。五朗さんが書かれた脚本は、日本の美しいいにしえの言葉がたくさん散りばめられているので、日本語の美しさを再確認していただけたらうれしいです。

(取材・文・写真/嶋田真己)

「Daiwa House Special 音楽劇『クラウディア』Prodeuced by地球ゴージャス」は、7月4日~24日に東京建物 Brillia HALL、7月29日~31日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。
公式サイト https://www.claudia2022.com



当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ