『オールドルーキー』綾野剛、サプライズ登場の横浜流星との共演にネット歓喜「胸熱すぎ」

クランクイン!

 俳優の綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が26日に放送され、俳優の横浜流星がサプライズ出演。綾野と横浜の共演に対して、ネット上には「なんって贅沢なんだ!!」「胸熱すぎ」といった反響が巻き起こった。

本作は、現役引退することになった元サッカー日本代表選手・新町亮太郎(綾野)を主人公に、彼が愛する娘や妻のためにセカンドキャリアを切り開こうと模索する姿を描くヒューマンドラマ。

37歳の新町は所属していたJ3のチーム「ジェンマ八王子」の解散にともなって現役引退を余儀なくされる。サッカー関係の仕事を軒並み断られた新町は就職活動をするものの、どの仕事もうまくいかない。そんな新町に、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)が「うちで働いてみないか?」と声をかける。

第1話の中盤、サッカー・ドイツリーグで活躍する矢崎十志也役で、横浜がサプライズ登場すると、ネットは「え!?みんな聞いてないよね??」「ちょっと待ってめっちゃ声出た!!」「嘘でしょ?!横浜流星!?」といった声があふれて騒然。

その後、ビクトリーで働き始めた新町は、歳の離れた後輩でもある矢崎の日本滞在中のサポートをすることに。先輩に対しても傲慢な態度で無理難題をふっかける矢崎と、すっかり変わってしまった後輩を心配しながらも懸命にサポートしようとする新町。クライマックスでは綾野扮する新町が、横浜演じる矢崎に対して、目に涙を浮かべながら「お前は、自分が思っている以上に影響力のある現役のアスリートなんだよ!」と語りかけるシーンも。

綾野と横浜の熱のこもった演技に対して、ネット上には「1話からなんって贅沢なんだ!!」「横浜流星と綾野剛の並びが綺麗すぎる」「胸熱すぎて最高すぎるな…」などのコメントが相次いでいた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ