『霜降り明星』レギュラー番組また打ち切り!“第7世代バブル”完全終了か…

まいじつ

霜降り明星 
霜降り明星 (C)まいじつ 

かつて〝お笑い第7世代の筆頭〟と持て囃されたお笑いコンビ『霜降り明星』にピンチが訪れているという。

「お笑い第7世代として一世を風靡した『霜降り』も、ここ最近はレギュラー番組が続々と終了。MCを務めていた『オトラクション』(TBS系)は改編期前の2月に打ち切られ、翌3月の改編では『芸能界常識チェック! ~トリニクって何の肉!?~』(テレビ朝日系)、『霜降りミキXIT』(TBS系)、『乃木坂46のザ・ドリームバイト!』(フジテレビ系)と一気に3本ものレギュラー番組が終了しています」(テレビ誌記者)

その終了ラッシュからは著しい〝オワコン臭〟が漂うが、この流れはその後も止まらない。

「先日、『ダウンタウン』松本人志がレギュラーを務めるアングラ旅番組『クレイジージャーニー』(TBS系)が、10月からレギュラーとして復活すると報道されました。2019年にヤラセ問題で打ち切りとなった同番組は深夜に放送されていたのですが、復活後の放送時間は月曜の21時とのこと。これまで同枠で放送されていた『CDTVライブ!ライブ!』は20時に昇格。現在20時から放送されている『クイズ! THE違和感』は、玉突き的に終了されることが明らかになりました」(同・記者)

『霜降り』バブル終了…実力のなさが露呈か


「THE違和感」は「霜降り」のレギュラー番組であり、これで春改編に続き、秋の改編でも番組を失うことに。終了ラッシュが今なお続いていることが明らかで、ブレークから〝ブレーキ〟に差し掛かっている。

「『霜降り』はブレーク当初から他の若手と別格扱いされていましたが、視聴者からは疑問の声も。『M-1グランプリ』ではレベルが低い年に、初出場の勢いと、手の内を見せていないアドバンテージで優勝できただけですし、以降は事務所がやたらとプッシュしただけ。〝第7世代〟も、『3時のヒロイン』『ぼる塾』『EXIT』辺りとまとめて売りやすかったという都合でしょうし、ここまで来られたのは〝吉本の力〟が大きいはず。掛け合いの一切ない漫才で、せいやが一方的にボケ、粗品が一方的にツッコむスタイルなのに、掛け合いが好きなオール巨人、中川家・礼二らが彼らに『M-1』で投票していたのも謎でした」(お笑い評論家)

今年2月、「霜降り」は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で〝第7世代〟の解散を高らかに宣言した。以降、番組終了ラッシュが始まったことを考えると、〝第7世代〟の看板にまだ頼っていた方が良いのかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ