女優・長見玲亜20歳、年上役が多いのは顔立ちのせい?「高校生役もやりたいです」

日刊SPA!

 ヒットメーカー・遊川和彦氏(66)が脚本を書く日本テレビの7月期ドラマ『家庭教師のトラコ』(水曜午後10時、7月20日スタート)に出演する長見玲亜さん(20)が、日刊SPA!のインタビューに応じた。主演は家庭教師・根津寅子に扮する橋本愛さん(26)。玲亜は寅子が訪問する家庭の音大生を演じる。

◆新ドラマの本読みは『ドライブ・マイ・カー』方式

ーー『家庭教師のトラコ』での役柄は?

長見玲亜(以下、長見):私の異母弟の上原守君(細田佳央太さん)が高校生で、東大を目指して寅子の授業を受けます。私はバイオリンを弾く音大生です。

ーー寅子は志望校への合格率100%。でも、生徒に教えることより、まず家庭と向きあうんですよね。

長見:はい、そうなんです。守君の母親・里美さん(鈴木保奈美さん)は私にとっては継母になります。

ーー遊川氏は『家政婦のミタ』(日本テレビ、2011年)などを書いた日本を代表する脚本家の1人。遊川脚本は初めてですが、いかがですか。

長見:本読みが『ドライブ・マイ・カー』方式なんです。もちろん初めてです。

ーー出演する全員が勢ぞろいして淡々と脚本を読む方式ですね。

長見:ええ。寅子が訪問する家庭は3つあるんですけど、私のいる家庭の出演者が『ドライブ・マイ・カー』方式になりました。遊川先生のご提案です。3家庭に違いをつけるためみたいです。

◆スカウトされてから1年間考えて…

ーー『ドライブ・マイ・カー』方式はやってみてどうですか?

長見:ずっと無感情で本読みをするので、自分で自分がちょっと気持ち悪いなって思ってしまう時もあります(笑)。本番で感情を出すのが楽しみです。

ーーデビューから5年。そもそも、どうして女優に?早い時期から女優志望だったんですか。

長見:全然そうじゃありません。横浜市内の小学校に通っていたころから『ニコラ』(小学校高学年から中学生向けのファッション誌)が好きで、ファッションやメイクに興味があって。モデルのお仕事に関心があったんです。その直後の中学1年生の時、今の事務所にスカウトしていただいたんです。

ーー内山理名さん(40)、黒木メイサさん(34)、桜庭ななみさん(29)たちのいるスウィートパワーですね。街で声を掛けられた?

長見:いいえ。事務所の人が家に来てくれました。あとから知ったんですが、うちの事務所の伝統で、全国各地で聞き込みを行い、スカウトする女性を探すんです。先輩たちもみんなそうでした。

ーーすぐにスカウトに応じたんですか?

長見:1年くらい考えました。

ーー結構、待ってくれるものなんですね。

長見:今になって考えると、そうですね。「ゆっくり考えてください」とのことでした。その間、先輩方の出た映画の試写会とかに招いてくれたので、徐々に事務所に親近感を抱くようになりました。

◆演じることが嫌だなと思うことも

ーードラマのデビュー作はフジテレビ『人は見た目が 100 パーセント』(2017年4月期)でした。その後もテレビ朝日『オトナ高校』(同10月期)に出演するなど着々とキャリアを重ねました。面白い仕事だと思われたのでは?

長見:そうじゃないんですよ(笑)。もともと女優のお仕事にあまり興味がなかったということもあって、最初は演技が楽しいと思えなかったんです。正解が分からない世界で、難しいせいでもありました。「演じることが嫌だな」と思うことすらありました。

ーー今は楽しい?

長見:はい。いろいろな作品を経験させてもらううち、やりがいを感じるようになりました。演技に対する考え方も変わりました。今は事前に脚本を読むのはもちろん、どんな演技をするかいくつかプランを考えてから現場入りするようになりました。

ーー年上の役が多かったですね。

長見:ええ、そうなんです。『オトナ高校生』は15歳で23歳の銀行OL役でした。ヒールを履いた経験があまりなかったので、秘かに練習したんですよ。仕草も研究しました。15歳と23歳では随分と違いますから。

ーーテレビ朝日『泣くな研修医』(2021年4月期)も3つ年上の役でした。19歳で22歳の医大生。専門用語が多かったので大変だったのでは?

長見:いえいえ。私はそんなに難しいセリフがなかったので、ぜんぜん大丈夫でした。

◆顔は大人っぽいって言われます

ーー今も20歳に見えないぐらい落ち着いてますね。

長見:そうでしょうか……。確かに顔は結構大人っぽいって言っていただくことが多いですね。だけど、まだ高校生役もやりたいです(笑)

ーー清野菜名さん(27)が主演したTBS『婚姻届に判を捺しただけですが』(2021年10月期)では清野さんの後輩役。周囲は年上の女性ばかりでしたが、現場はどうでした?

長見:凄く楽しかったです!中川翔子さん(37)らお姉さんたちが凄く優しく話しかけてくれて。

ーー女子会もあった?

長見:それはコロナ禍で出来なかったんですけど、待ち時間はみんなでお菓子を食べながらダイエットや家での過ごし方とかを話しました。中川さん、コロナ禍中に10kgやせたんです。「どうやって痩せたんですか」って話題沸騰でした。

◆海外作品も視野に

ーーところで将来の目標は?

長見:憧れの人が武井咲さん(28)なんです。『黒革の手帖』(テレビ朝日、2017年7月期)で凄くカッコ良く悪女を演じられていたので。将来は大人の悪女を演じるのが目標ですね。

ーードラマ界、映画界にとって、どんな存在の女優になりたいですか。

長見:もちろん幅広くさまざまな役をやらせていただきたいのですが、最近は週に3回殺陣を習っていることもあり、アクションのある役もやってみたいです。韓国語と英語も習っていているので、できれば海外作品にも出てみたいですね。

ーー運動神経には自信がある?

長見:中学の部活でバレーボールをやっていて、3年間レギュラーでした。

ーー5月で20歳に。酒もタバコもOKになりましたね。

長見:タバコは吸いません。お酒は両親が好きなので、この間、ちょっとだけ試しに飲んでみたんですが、変化はありませんでした。お酒はまだ早いと思っています。

ーーでは20歳になったことでの変化はなし?

長見:ちょっとだけあります。携帯電話の名義を母から自分に換えました。携帯会社に行ったら「名義、変えられますよ」と言われたので。それくらいです。

◆困っている動物たちの助けに

ーー仕事のない時間は何をしています?

長見:勉強のため自分のドラマを見直したり、ほかの方の作品を見たり。もともとインドア派なので。夜遊びは興味ないです(笑)。

ーー好きな食べ物は?

長見:ウニと牡蠣とカンピョウです。

ーーシブイですね。

長見:よく言われます(笑)。

ーー私生活の夢はありますか。

長見:動物が大好きなので、困っている動物たちの助けになるような行動とかができたら良いなと思ってますね。保護犬をハッピーにする運動をしているローラさん(32)や動物保護ハウスを運営している坂上忍さん(55)のような活動が自分も出来たらと思っています。

ーー自宅でも動物を飼っている?

長見:はい。実家でミニチュアダックスフンドより小さいカニンヘンダックスフンドを飼っています。

ーー最後にファンへのメッセージを。

長見:今までずっと私を見てくださってきた方には、これまでの作品よりもっと成長した私を『家庭教師のトラコ』で見てもらいたいと思います。このドラマで新しく私を知ってくださる方には、インスタも見に来てください。自分を精一杯表現できるよう準備しておきます。

長見玲亜(ながみ・れあ)

2002年5月28日、神奈川県生まれ。身長158センチ。血液型B。特技はテニス、バレーボール、殺陣。デビュー作はフジテレビ『人は見た目が100%』(2017年)。『星に願いを』(2018年)で映画にも出演。ファースト写真集は東京ニュース通信社の『玲亜』(2019年)

取材・文/高堀冬彦

【高堀冬彦】

放送コラムニスト/ジャーナリスト 1964年生まれ。スポーツニッポン新聞東京本社での文化社会部記者、専門委員(放送記者クラブ)、「サンデー毎日」での記者、編集次長などを経て2019年に独立

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ