ラーメン二郎が駐日ジョージア大使に神対応「米粉麺に変えてもらいました」

ガジェット通信



駐日ジョージア大使として知られているティムラズ・レジャバさんが、ラーメン二郎でラーメンを食べた出来事がインターネット上で話題になっています。駐日ジョージア大使はラーメン二郎に出向き、ラーメンを食べたようすをTwitterに掲載。多くの人たちがそのシーンを見て、フレンドリーな駐日ジョージア大使に親近感を覚えたようです。

Twitterのフォロワーが増加



駐日ジョージア大使がラーメン二郎に行ったことで、ラーメン二郎ファンやラーメンマニアが駐日ジョージア大使に注目し、Twitterのフォロワーが増加したようです。

ラーメン二郎の神対応が絶賛される



そんななか、駐日ジョージア大使はグルテンフリーな生活をしているため、持参した米粉麺でラーメンを作ってもらっていたことが判明。ラーメン二郎のスタッフが持参された米粉麺でラーメンを作ったことに複数の人たちが称賛。ラーメン二郎の神対応を褒めています。

<駐日ジョージア大使ティムラズ・レジャバさんのTwitterコメント>


「急増中のラーメン好きのフォロワー様へ 私は普段はグルテンフリーのため、ラーメン屋へは滅多に伺いません。ここだけの話、二郎でも、手持ちの米粉麺に変えてもらいました。並びながら、とてもドキドキしましたが、アレルギーと説明すると対応してもらえました。それでもとても美味しかったです」


ますますラーメン二郎が好きになった



今回は特例だったかもしれませんが、ラーメン二郎がグルテンフリーを求めている人や、アレルギーによって食材が限られている人に柔軟に対応したことによって、ますますラーメン二郎が好きになった人もいるのではないでしょうか。

ラーメン二郎の神対応は称賛されるべき



なにより、麺を交換してもらえたことによって、今までラーメン二郎のおいしさを知らなかった人が「ラーメン二郎体験」ができたわけで、そういう意味でもラーメン二郎の神対応は称賛されるべき事なのではないかと考えます。

※冒頭画像は駐日ジョージア大使ティムラズ・レジャバさんのTwitterより

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

当記事はガジェット通信の提供記事です。