好きな男以外にしちゃダメです。男の「誤解を招く」NGスキンシップ

beauty news tokyo


あまり意識せずに男性にスキンシップをしてしまう女性もいることでしょう。ただ、スキンシップの内容によっては男性の「誤解を招く」ことも。そこで今回は、好きな男以外にしちゃダメなNGスキンシップを紹介します。

|肩に寄りかかる


疲れた時や甘えたい時に、つい隣にいる男性の肩に寄りかかることはないですか? もちろん、相手が好きな男性であれば問題ないですが、気をつけなければいけないのが場所や状況。人目が多い場所ですると「男慣れしている」と思われることがあります。なので、このスキンシップは好きな男性と2人きりの時にするのが好ましいでしょう。

|手を繋ぐ


あなたは男友達でも平気で手を繋ぐタイプでしょうか? でも、その光景を見た男性は、あなたの「手を繋ぐ」という行為に特別な意味はないと感じるでしょう。なので、これも好きな男性以外には避けた方がよいスキンシップと言えます。

|ほっぺにキス


正式に交際が始まってない段階でも、好意を見せるために男性の頬へキスするのも要注意。例えば、デートの別れ際に「またね!」と言いながらほっぺにキスしてしまうと、大半の男性が「誰にでもしていそう」「軽い」と感じてしまうでしょう。

|口元についているものを取って舐める


食事をした後など、男性の口元についているものを親切心から指で取ってあげる女性もいますよね。ただ、その指を舐めるのは少し行き過ぎたスキンシップです。相手が好きな男性なら構いませんが、なんとも思っていない男性にすればかなり誤解を与えてしまいます。

今回紹介したスキンシップを、恥ずかしがる素振りもなく、好きでもない男性にしていたら、軽い女のイメージがついてしまうことも…。なので、なんとも思っていない男性には今回紹介したスキンシップを絶対しないよう気を付けてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ