ミシンを愛するロッチ・コカド、夢は結婚相手の「ウエディングドレス作り」

アサジョ


 趣味はミシンでの裁縫で、ゆくゆくは恋人のウエディングドレスも‥‥。そんな壮大な野望を明かし、スタジオから「怖い!」とドン引きされてしまったのは、お笑いコンビ・ロッチのコカドケンタロウだった。

コカドの一風変わった私生活にスポットが当てられたのは、6月19日放送の「マルコポロリ!」(関西テレビ)で、目下、本格的なロックミシンを使った裁縫にハマっているのだという。

そんな趣味が高じて、コカドは「将来、お嫁さんのウエディングドレスを作る」との目標を口にすると、お笑いタレント・ほんこんからは「怖い」と引かれ、東野幸治も「狂気」だとイジり。また、同局・中島めぐみアナウンサーからも引き気味なリアクションを受けたコカドは「女性の方に言ったら、あんな顔されるんです」と嘆いていた。

しかし、コカドは譲らず「だから僕、今、結婚相手を決める物差しとして、それを喜んでくれる人を探しています」と、“コカド作”のウエディングドレスを結婚の必須条件にしているとも説明。これにほんこんは「たぶん、結婚できへんと思う」とダメ出し。また、東野からは番組企画でのドレス創作を勧められるも、「番組とかはいいんです!」「プライベートの夢なんです」と返し、本気の野望であることをアピールしていた。

「ネットでは、主に女性から『とても素敵だし、一生の思い出になる』『私は賛成! デザインも一緒に考えたらいいのでは? 作ってほしい! そんな器用な旦那様素敵と思うけどな!』『何が狂気?』『めっちゃいい!』などの賛同が続出。また、普段からハイセンスな私服姿が話題になることが多いコカドとあって、『コカドさん、オシャレだし、喜ぶ女の人もいると思うけど!』『サンプルを実際に作って発表してみたら? 実力があれば世間の評価は変わるもの』といった反応もありました。

今年2月15日に『ロックミシン購入しました。もう無敵な気分です』とツイートしたコカドは、これまでにトートバッグやエコバッグ、ガチャベルト、足カバー、2WAYバッグ、サコッシュなど、様々なオシャレアイテムをミシンで自作。3月にはお笑いタレント・狩野英孝の40歳の誕生日プレゼントとして、バッグを製作したことも報告しており、インスタグラムはほぼ“ミシン専用アカウント”と化しています」(テレビ誌ライター)

ロックミシン購入前の1月時点で、すでに「今日 起床 ミシン ベランダの塀の補強 ミシン ご飯 ミシン リモート打ち合わせ ミシン ご飯 韓国ドラマ ミシン 風呂 ツイート」と投稿し、完全にミシン漬けの日々を過ごしていたコカド。その“ミシン愛”は本物で、いつの日か素敵なウエディングドレスが完成することを期待したいところだ。

(木村慎吾)

当記事はアサジョの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ