若葉竜也が明かす、ムロツヨシの知られざる一面【映画『神は見返りを求める』インタビュー】

ウレぴあ総研

6月24日より公開中のムロツヨシ主演の映画『神は見返りを求める』。

“神”のような心を持った田母神尚樹(ムロツヨシ)と底辺YouTuberのゆりちゃんこと川合優里(岸井ゆきの)との心温まるラブストーリー――と思いきや、人間が誰しも持つちょっとした欲が、ちょっとした出来事をきっかけに、自分一人では抱えきれないほど大きなものとなっていき、いつの間にか抜けられない闇へと引き込まれていく。

本作で若葉竜也が演じるのは、田母神の会社の同僚で、ゆりちゃんとも顔見知りの梅川葉。調子のいいところがあり、誰にでも良いことを言うだけの男だが、田母神とゆりちゃんが闇へと向かうきっかけを無責任に作っていく。

この梅川という何とも形容しがたい男を演じる上で、若葉は何を考えていたのか。コミカルでありながら、現代の闇にも迫る本作をどう受け止めたのか。10年以上の付き合いになるというムロツヨシとのエピソードなども含め、語ってもらった。

■本人に悪意がないのが怖いと感じるところ

――演じた梅川というキャラクターをどのように捉えていましたか。

何かを決めてかかったわけではなくて、梅川の中に悪意というものがない方が怖いな、と思ったので、悪意は排除していました。ピュアにやろう、と。

――ピュアとは、あのような言動を考えてしているわけではなく、思い付いたままに行っているということでしょうか。

僕はそうだと思っていました。本当にヤバイ人って相手の目を見て平然と「カネを貸してくれ。絶対に返すから」とかって約束できる人だと思っていて。本人に悪意がないのが怖いと感じるところかと。僕自身、そういう人は苦手ですけどね(苦笑)。

これは嫌な奴っぽいセリフだからそう見えるように言おう、ではなくて、本心で、純粋にその言葉を発することを気を付けていました。

――若葉さんにインタビューをさせていただくことが決まった上で映画を観たので、梅川に注目していたのですが、そうすると少し同情心も芽生えてくるというか。

それは特殊ですね(笑)。

――もしかしたら友だちがいなくて寂しいとか、何かあって本心が見せられないとか、それであんな言動をしているのかな、とか。

それが彼の切なさみたいな? たぶんそれ、梅川に取り込まれて振り回されるタイプの人だと思います。近づかない方がいいですよ(笑)。

――(笑)。共感できないキャラクターだとは思うのですが、若葉さんは梅川がどうしてあのようになってしまったのか、とかは考えましたか。

僕は必要以上に役のバックボーンを考えることはしないんです。それがいい方に作用することってあんまりない気がしていて。考えてしまって現場で固まってしまうよりも、縦横無尽に動ける方がいいと思っているタイプなので。

彼を理解しようとする気持ちは大事ですけど、どちらかと言うと彼自身になろうというより、彼がそばにいたらどういう気持ちになるか、ということを考えます。

彼の言動を一番近くに居て見ているような。彼の話を聞いたら自分がどんな気持ちになるのかと考えることが、彼への理解を深める効果的な方法な気がします。

――では今回、梅川のそばにいてどんな気持ちになりましたか。

僕はもう大嫌いですね(笑)。ただ役に対して共感したことって今までの作品でもほとんどなくて。梅川に限らず、その役を100%理解したか、と言われたら、理解もしてないです。

逆に100%理解した、という人がいるならば、それは思い込みだと思うので、危険だな、とも思っていて。他人を100%理解することは不可能だと思っています。

■変な映画だなと思いました(笑)

――梅川のビジュアルがチャラ過ぎず、ちゃんとし過ぎず、絶妙にキャラクターを表しているな、と感じました。

何となくぼんやりと僕の中にあったものと、スタイリストの方と、監督とのイメージがそんなにズレていなくて。だから衣装合わせも早かったです。みんなが「そうだよね、落としどころはそこだよね」みたいな感じでした。

キャラクターとして嫌な奴になり過ぎてもいけないというか。ああいう奴がすぐそばにいる可能性があるというリアリティとか想像力を、映画を観てくださる人たちに持たせたかったので。普通にいそうって。

――そこがまた梅川の怖いところだと感じました。映画として客観的に見ると「嫌い」と言えるのですが、隣にいたら気づかないような気がするんです。

その気味悪さみたいなものは台本を読んだ時点でありました。だからそういうところに行けたらいいな、とは思っていました。

――本作は吉田恵輔監督が脚本も書いていますが、事前に監督とはどんな話をしましたか。

実は今回、吉田さんと話したことっていうのはほとんどなくて。オリジナル台本の良さってそこにあるというか、目に見えるような目標地点がないので、監督の中の想像を超えられるか、というところだと思うんです。だから事前に打ち合わせをして「梅川はこういうやつだよね」と決めることはなかったです。

――最初に脚本を読んだときはどんな想いがありましたか。

『空白』(2021年公開)を撮った吉田さんが、次にここに行くのか、という面白さを感じました。『空白』を撮っていたときの自分自身を裏切ろうとしているというか、飽きているというか、そんな吉田さんの怖さ(笑)。敢えてブレていくのが面白いな、と。

――この映画に出てくる人たちは誰一人好きにはなれないのですが、みんなが単純に嫌な人なわけではなく、その人の嫌な一面を映画として切り取っているだけで。だからこそ「嫌い」という一言で避けていいものではない気がしました。

自分にもちょっと思い当たる節がある人がいるんですよね。なので「見たくない」と思ってしまうのも、そういう感情を刺激されるからなのかな、と思うことはありましたね。

――完成した映画を見たとき、どんな感情を覚えましたか。

変な映画だなと思いました(笑)。でも吉田さんのすごいところはそれをエンターテインメントとして昇華させているところ。ニッチになり過ぎない。

どれだけ重いテーマを扱ったとしてもちゃんと娯楽作品としてお客さんが楽しめるように作っている。それはブレていないところなんだと思います。

■役者のムロさんと違う演出家の下で共演するのは照れくさかった

――田母神尚樹役のムロツヨシさんと、川合優里役の岸井ゆきのさんの印象を聞かせてください。お二人ともこれまでに共演経験がありますよね。

ムロさんとは10何年も前からお付き合いをさせてもらっていて、パブリックなムロツヨシという俳優さんとしてのイメージと、僕が見てきたムロさんのイメージって乖離しているんですよね。

最初にお会いしたのは役者をやっているムロさんだったんですけど、次に会ったのが(ムロが演出・出演などを手掛ける舞台シリーズ)『muro式』で、演出家であるムロさんと接してきた時間の方が長いので。

ムロさんは狂気も持っている人だし、すごく繊細でもある。だから今回、改めて役者のムロさんと違う演出家の下で共演するのは照れくさかったし、緊張もしました。

――田母神はこれまでのムロさんのイメージとは違った役と言われていますが、そうすると若葉さんの知っているムロさんと近いところもあるのでしょうか。

方向性は違いますけど、同じように狂気は持っているような気がします。そこを吉田さんが面白がって、あの役をムロさんに持ってきたのはすごく理解できます。ムロさんのアンタッチャブルなところを。

一般の方のムロさんのイメージは楽しくて明るいだと思うし、それでいいんですけど、当たり前ですけど、ムロさんも人なのでいろんな面を持ち合わせていて。それがわりと複雑に絡み合ってる方だと思うんですよね。僕にはそういうイメージがあるので、見ていてすごく面白いです。

――岸井さんはいかがでしたか。

岸井さんとの共演は2度目(映画『愛がなんだ』)なんですけど、相変わらず明るくて、抜群の安定力とコミュニケーション能力を発揮していました。僕が持っていないものをたくさん持っている方です。

――若葉さんはそういうのが苦手だったりするのでしょうか。

最低限のコミュニケーションは必要だと思っていますけど、それ以上に明るくしようとかはできないですね。だからその岸井さんの明るさが現場を引っ張っていってくれている感じがありました。

前作でもそうでしたけど、みんなが疲れているときとか、岸井さんの明るさにみんなが救われていたんじゃないかと思います。

■カメラのレンズが刃物とか、凶器に見えるのが、この映画の今っぽさ

――本作にはコミカルな場面もありますが、面白いと思ったシーンはありますか。

(田母神と優里が)すごく不毛なカメラの向け合いをするところ。ちょっと時代劇の殺陣のようにも見えて面白かったですね。そういうところも吉田さんの持つ面白さなんですよね。

――あのシーンは笑えますよね。だた自分が当事者だったと考えると怖くもあり。

そうですよね。カメラってある種、気味の悪いものですよね。カメラのレンズが刃物とか、凶器に見えるのが、この映画の今っぽさでもあるなと、僕は思っていて。

それが人を殺してしまうようなところまで行ってしまうこと。その感情に自分もなっていると気づいたときに、自分自身も現代に取り込まれているんだな、と感じました。

――仕事柄、カメラを向けられることは多いと思うのですが、怖いと感じることもありますか。

ありますね。何かイベントとかで表に出たときに、「今日は撮影OKです」とか言って、客席から信じられない量のカメラで撮られたりするときは恐怖を感じることもあります。

そこはこの仕事をしていく上でのプラスと捉える方もいると思いますけど、僕はそんなタイプでもないし、人気者になりたいとも思ってない人間で、そもそも人前に立つのも得意な方ではないので、嬉しいという感覚は全くないです。

――役者の仕事をしていたら、知らない人が自分のことを知っている、というのはあることだとは思うのですが、そういう場面ってそれを象徴化したような場でもありますよね。

動物園の動物とあまり変わらないのかなと思うときはあります(笑)。僕らが像を見て「大きいな」と思って写真を撮るのと同じような感覚なのかな、と。普通に街を歩いていて、隠れて写真を撮られたりすると、「人間と思われていないんだろうな」と感じるときはあります。

――本作はYouTuberが主人公ですが、YouTuberに対してはどんなイメージがありますか。

僕もよく観ていますし、大好きですよ。文化として認められていてすごいなと思います。

――自分でやってみたいとは?

それは思わないです(笑)。向いてないです。たぶんやってみたところでできないと思います。選ばれた人たちができることだと思うし、やっている人数としては俳優より多いし、成功するのは難しいと思います。

――若葉さんは映画などの演出もしてますが、それとはまた違うと?

バラエティ的なものに特化している人であれば、そういう能力もあるかもしれないですけど、僕はそこに対してはないので。僕自身は今やっている方向で掘り下げていく方が楽しいと思っています。

――最後に少し作品と離れたこともお聞きしたいのですが、6月10日で33歳のお誕生日を迎えられますが(取材時は誕生日前)、歳を重ねていくことにどんな想いがありますか。

僕は10代、20代のころから早く歳を取りたいと思っていたので、歳を重ねることはすごく素敵なことだと思います。若いということを、僕はあまり魅力的には思っていないので。

男女関係なく、しっかりと皺があって、白髪があって、年輪みたいなものが表に出ている人を魅力的に感じます。

――そう考えると、ご自身が歳を重ねることに重みを感じることはないですか。

そうですよね。僕はあまり自分に期待をしているタイプではないですけど(笑)、諦めたうえで、何がやりたいか、ではなくて、何ができるかは考えられると思っているし。そうやって考えてちゃんと歳を重ねていきたいな、とは思っています。

――では敢えて聞きますが、33歳の抱負は?

ホントに特にないんですよね(笑)。毎年、毎年、よりシンプルになっていけたらいいな、とは思いますけど。

僕は悩みが多いと、逆に安心することにもなると思っていて。悩んでいることが、何かについて考えているって勘違いをさせる。だから自分を安心させるための悩みは必要ないと思っていいます。

本当に悩むべきところで悩むべきだと思うから、常に悩みは一個ぐらいでいいかな、と。それは仕事でも、プライベートでも。そんな感じに過ごせたらいいな、と思います。



「“見返りを求める男”と“恩を仇で返す女”の心温まりづらいラブストーリー」というキャッチコピーが付いている本作ですが、若葉さんも「変な映画だなと思いました(笑)」と言うように、最初はほっこりした気持ちで観ていたのに、中盤から「おやおや?」となり、最終的には……という一言で形容できない作品です。

それだけに、観る人によってどこで何を感じるかも違ってくる作品だとも思います。ぜひ劇場で、自分なりの感性をもって楽しんでいただければと思います。

■作品紹介

映画『神は見返りを求める』

2022年6月24日(金)全国ロードショー

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ