霜降り・粗品が涙!?相方・せいや&錦鯉・長谷川が親孝行チャレンジ

TVerプラス

霜降り明星(粗品、せいや)&錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)の最年少・最年長『M-1グランプリ』優勝コンビが初タッグを組む、念願の冠番組『霜降り&錦鯉の親孝行イズビューティフル』(テレビ朝日系※一部地域を除く)が、6月25日(土)23時から放送される。

同番組は、「親孝行は美しい」がテーマの親孝行バラエティ。今回、親孝行をするのはせいやと長谷川。2人がしたい「親孝行」を、番組側がチャレンジ企画として用意し、見事それをクリアすれば親が欲しいという豪華な商品をゲットできる。2人の親孝行チャレンジを霜降りと錦鯉、そして藤田ニコルと山下美月(乃木坂46)が見守る。

錦鯉の2人は長谷川の故郷・北海道札幌市に里帰り。『M-1』優勝時にすでに50歳だった長谷川。芸人として売れるまで「頼れる人が母親しかいなかった」「電話の内容は『お金貸してくれ』ばかり」と、迷惑をかけ続けた母に親孝行する。長谷川の行う親孝行チャレンジは「母を人力車に乗せ、一回も母の足を地面につけないまま、思い出の家族風呂に向かう」というもの。

恥ずかしがる母を人力車に乗せ、母校やかつて住んでいた場所など、親子の思い出の場所を巡る。そこで語られたのは、貧しい家族を一生懸命支えた母の苦労だった。チャレンジの終盤は母親をおんぶして目的地へ。母を運びながら長谷川が語ったのは、売れてからもずっと抱いていた、ある「後悔」について。長谷川が涙しながら語った母親への思いとは? 50年間の思いが詰まった親孝行チャレンジに、スタジオの粗品も「めっちゃええやん」と、思わず涙する。

仲睦まじい様子だった長谷川親子とは対照的に、なんと人生で2人きりで父親と話したことがない! というせいや。会話もまったく続かないこの親子に課された親孝行チャレンジは「親子でタイル貼りチャレンジ」。外装業を営み、寡黙で職人気質だった父。幼少の頃、そんな父の仕事を「好きじゃない」「そんな夢ない人生いやや」と否定的だったという息子のせいや。一方父も「父親らしいことはできなかった」と後悔を語っていた。

微妙な距離感のせいや親子。せいやは早速父親にタイル貼りのイロハを学ぶが、手先が不器用なせいやの仕事ぶりは、父親の仕事ぶりには程遠く……「これは無理やな」とチャレンジ成功に暗雲が立ち込める。

そんな中でも、一緒に作業をしていくにつれ、徐々に距離を縮めるせいや親子。実はせいやから父親へのサプライズを用意していたのだが父親の反応は? 仕事一筋で寡黙だった父親の、今まで語れなかった息子への思い、そして初めて父親の仕事ぶりを見たせいやの父親への思いが語られ、スタジオが感動に包まれる。

<粗品 コメント>
もっとバラエティ要素が強い番組と思ってましたが、思いの外いい番組でしたね。錦鯉のVTRを見てる時は感動してヤバかった。危なかった~。

<せいや コメント>
僕のVTRの時ホンマずっと泣きそうで、グッって耐えたんですけど、僕よりも雅紀さんの方が、僕の親に対して思ってくれていた(笑)。僕も錦鯉さんのVTR見てるときやばかった。いい番組でした。

<渡辺隆 コメント>
こんなあったかい気持ちになるもんですかね。せいやのお父さんがものすごくいい言葉を言っていた。座右の銘にしたいです。

<長谷川雅紀 コメント>
もう涙腺が弱くなってきてるよね。子供のときの気持ちもわかるし、親の気持ちもなんとなくわかるようになってきて、余計に感じることがある。粗品がそわそわして動きが怪しくなってるのが見えて、見ないでおこうとしていた(笑)。見たら自分も泣いてしまうと思って。

<藤田ニコル コメント>
VTRを見ている2組の顔をチラチラ見ちゃったんですが、やはりみんなウルウルしていたので、いいなって思いました。次回の放送があったら私も親孝行やりたいです! テレビの力を借りたら、勇気を出せる気がするので、弟も巻き込んで親孝行したいです。

<山下美月 コメント>
2組ともまた違った親子像で、最終的にはちゃんと親孝行できていてすごく嬉しいなって思いました。2組とも(テレビとは違って)息子の顔になっていてそれがすごい新鮮で、親の前でしか見せない顔が見ることが出来て、私も母と父にちゃんと感謝を伝えたいなという気持ちになりました。

当記事はTVerプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ