女子高生が考案した飲むスイーツ! 東京・足立区に「とろり天使のわらびもち」オープン

OVO



スイーツと一言でいっても、生クリームをたっぷりと使ったものからSNS映えするアジアン系まで、好みは人によってさまざまだろう。あなたは和菓子の中では、どの甘味が一番好きかな? とろとろ食感のわらび餅で人気がある大阪発の「とろり天使のわらびもち」(トゥ・シャイン、東京)は、103店舗目となる「とろり天使のわらびもち 竹ノ塚店」を6月24日(金)にオープンする。

同店の名物は、本わらび粉を使い、究極の柔らかさを追求した「生わらびもち」(小箱は税込み600円、大箱は同1,080円)と、アルバイトの女子高生が考案した「飲むわらびもち」。わらび餅の上に生クリームをトッピングした「飲むわらびもち」は、ミルクティー・黒蜜・抹茶の3フレーバー(それぞれ同680円)があり、一日で400杯売れることもある人気商品になっている。

そのほか、カップに入ったわらび餅の上に生クリームを乗せ、好みできな粉をかける「クリームわらびもち」(4個入りで同1,800円、フレーバーはプレーン・ほうじ茶・黒ごまの3種類)もある。

「とろり天使のわらびもち 竹ノ塚店」

所在地:東京足立区竹の塚5丁目6-11 高山ビル1階

営業時間:10:00~19:30

TEL:090-6367-2624

*テイクアウトのみ

当記事はOVOの提供記事です。