母親が作った人形に恋し結婚した女性 「赤ちゃんは35分で生まれた」

しらべぇ




男性との心ときめく出会いに恵まれなかった女性が、人形に恋し妊娠も…。普通とはほど遠い結婚、妊娠、出産、そして結婚生活を、『The Sun』などの海外メディアが紹介している。

■人形に恋した女性


ブラジルで暮らす女性(37)はなかなか良い交際相手に恵まれず、いつの間にか30代後半になっていた。「なかなか出会いがない」などと母親に悩みを打ち明けたところ、母親は女性のために大きな布製の人形を作り、プレゼントしたのだという。

気に入った女性は、人形を「恋人」として扱い、長い時間を一緒に過ごすようになった。

関連記事:義母にわが子のDNA鑑定を要求された女性 「目の色が自分たちと違う」が理由で…

■妊娠を経てまさかのゴールイン


人形を好きになったという女性は、「彼(人形)の子を妊娠した」と主張するようになった。

しかも「私が身ごもったのは、彼がコンドームを使用しなかったせい」と語り、出産前に結婚しようと決心。250人ものゲストを呼んで式を挙げ、その後に1週間の新婚旅行を経て出産の日を迎えた。

■幸せな“結婚生活”を激白


5月21日に、女性は看護師2名に付き添われ自宅で出産。「赤ちゃんは35分で生まれたんです」「息子は元気ですよ」とメディアに語ったが、そちらも本物の赤ちゃんではなく人形だった。

なお女性は「夫」について「まったく働かない怠け者ですが、良いところもたくさんあります」とコメント。

家族を「フェイク」と呼ぶ人に腹を立てていること、「夫との結婚生活は素晴らしいの」「けんか・口論もしません」「夫は浮気もしないし、私の良き理解者なんです」などと話している。

■「出会いがない」と思う人の割合


Sirabee編集部が全国10~60代の男女1,880名を対象に調査した結果、全体の63.3%が「出会いがなかなかないと思う」と回答した。



人間との出会いや恋には恵まれないが、人形なら簡単に手に入る。最近では、ロボットワイフやラブドールと夫婦のように暮らす人もいるそうだ。なお女性に精神的な疾患があるのかなども気にはなるが、詳しいことは報じられていない。

当記事はしらべぇの提供記事です。