広瀬すず、俳優生命の危機を救った体験とは あいみょんとの交友関係も語る

モデルプレス

【モデルプレス=2022/06/24】26日放送のMBS/TBS系「日曜日の初耳学」(毎週日曜よる10時~)では、林修が唸ったカリスマたちの金言&未公開トークSPを放送。広瀬すずらが出演する。

◆広瀬すず、俳優生命の危機を救った体験とは



林が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する人気企画「インタビュアー林修」では、これまで総勢50組以上の俳優やアーティストを直撃取材してきた。今回は、そんな中から林が唸ったカリスマたちの金言&未公開トーク・ベスト5を紹介する。前回の放送では紹介しきれなかったとっておきのエピソードを放出。そこには人生を成功に導く金言の数々があった。

広瀬は14歳で芸能界入り。今やドラマや映画に次々と主演し紅白の司会も務めるなど、若手トップ俳優の一人として活躍。ヒロインを務めた朝ドラ「なつぞら」での素顔が垣間見えるクランクアップ秘話や、人気アーティスト・あいみょんとの交友関係を語る貴重エピソードを紹介。さらに、俳優生命の危機ともいえる悩みに苦悩していたことを明かした広瀬を救った、映画「流浪の月」での体験とは?

◆米倉涼子・大沢たかおら豪華登場



全日本国民的美少女コンテストで脚光を浴び、人気雑誌「CanCam」の専属モデルとしてキャリアを積み活躍していた米倉涼子が、その絶頂期にモデルから女優への転身を決意したその理由とは?“女優宣言”から「ドクターX~外科医・大門未知子」で国民的俳優の地位を確立し、さらに、ブロードウェイ作品「CHICAGO」で主演を果たすなど、目標に向かって人生を突き進んできた原動力とはいったい?

抜群のトーク力で今や日本を代表するMCとしても活躍の今田耕司が、“恩人”と語るダウンタウン。だが他にも、若き今田に影響を与えた2人の芸人の存在があるという。NSC時代にコンビを組んでいたという意外な相方や、今も尊敬して止まない先輩芸人とのエピソードを明かすほか、今田が下積み時代から学んだ仕事術について語る。そこには“人生を好転させる”考え方のヒントが。

「勇者ヨシヒコ」シリーズをはじめ数々の作品で個性的なキャラクターを熱演。現在は大河ドラマにも出演するなど俳優として活躍する一方、バラエティ番組MCや、監督や脚本家としても活動する佐藤二朗。自身のツイート投稿で話題となった“演技派俳優”と称されることについて想いを語った佐藤が、その裏側にあった、役者として感銘を受けたある大物スポーツ選手にまつわるエピソードを披露。また、俳優人生の転機となった監督・堤幸彦との秘話を明かす。そんな佐藤が、今、厳しい世の中を生きる上で大事にしていると語る“ある感覚”とは?

そして映画「キングダム」では、体重を18kg増やして“王騎将軍”の役に臨んだことを明かした大沢たかお。徹底的に肉体を作り上げキャラクターのビジュアルを突き詰めていくタフでストイックな役作りについて語った大沢が、‟心の作り方”というさらなる役作りの真髄について語る。演じる役の人間像を作り上げると作業とはいったい?すべては観客に喜んでもらうため。そう語る大沢が貫いてきた役者業の流儀とは?

さらに、インタビュアーとしてキャリアを積んできた林にスポットを当てるスペシャルコーナーも実施される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。