ハワイは「コロナ前に戻った」、現地に住む日本人が見た“ハワイの今”

女子SPA!

 毎週金曜の夜にワイキキのホテルで打ち上げられていた恒例の花火。コロナ禍で2年以上中止となっていたこの花火大会が、6月から再開されました。ドンッという低音とともに明るい花火が夜空を彩る様子を見ると、いよいよハワイがコロナ前のように戻ったと感じさせてくれます。そんなハワイの今を、現地在住の筆者がご紹介しましょう。

◆アメリカ本土からの旅行客でいっぱい

新型コロナの規制によって、ハワイでは日本をはじめ海外からの訪問客がすっかり減ってしまったのですが、逆にコロナ前より増えているのがアメリカ本土からの訪問客です。海外へ旅行するには、渡航前のコロナ検査や隔離措置など、さまざまな制限を受ける可能性が高いですが、アメリカ国内の旅行なら自由にしやすいはず。

しかもハワイはパンデミックが始まってからずっと、新型コロナの感染率が低い地域だったため、「安全に旅行できる場所」として、アメリカ国内で人気がかなり上がっているんです。

実際、ハワイ訪問者数を見てもその結果は歴然。2022年4月のハワイ訪問者数は約82万人。このうち86%にあたる約70万人がアメリカ本土からの訪問者です。しかもコロナ前の2019年同月にアメリカ本土からハワイを訪れた人は約55万人で、そこから3割近くも増加しています。

◆各種の規制はほとんど無し

ロックダウンによって一時期は、ワイキキからすっかり訪問客の姿が消えてしまったのですが、今ではコロナ前と同じように朝から夜まで大勢の訪問客が行き交うにぎやかな街に戻っています。そんなハワイで気になるのが、現在の新型コロナ関連の規制でしょう。

ハワイはアメリカで最後までマスク着用の義務化を続けていた州ですが、その措置も今は一切なし。さらに、レストランやバーに入店する際は、ワクチン接種証明書や陰性証明書の提示が必要だった時期もありますが、その措置は撤廃されています。現在は、新型コロナ関連の規制はほとんどありませんから、新型コロナの存在を強く意識することなく、現地で滞在できるはずです。

◆日本からハワイへ行くには?

では、日本からハワイに行く際のワクチン接種などの条件についてご紹介しましょう。まず日本からハワイに行く際、これまでは出発前の検査が必要で陰性証明書の提示が義務付けられていましたが、これが6月12日より撤廃されています。アメリカ入国の条件は、ワクチン接種を終えていることのみ。2回目のワクチン接種から14日以上経過していれば、ハワイ渡航後の隔離はありません。

またハワイから日本に帰国する際は、72時間前に検査を受けて陰性証明書を提示しなければなりませんが、到着時の検査や施設での待機は不要になっています。ハワイには、日本の所定のフォーマットで陰性証明書を発行してもらえる新型コロナの検査場やクリニックが、観光客に便利なワイキキに数多くあるため、事前検査についてもそれほど手間がかからず準備できそうです。

◆今年の夏は日本人が増えそう

今年のゴールデンウィーク頃から日本人訪問客とみられる人をちらほら見かけるようになったハワイ。夏休みからはハワイ行の直行便の数も増える予定なので、海外旅行に行きたくてウズウズしている人が、こぞってハワイを訪れそうです。

<文/佐藤まきこ>

【佐藤まきこ】

女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。ハワイ在住。Instagram:@hawaii_milestone

当記事は女子SPA!の提供記事です。