実録!初デートでNGな話題4選

カナウ


実録!初デートでNGな話題4選

好きな人との初デートは緊張しますよね。

まだお互いに対する理解が浅いだけに、話題に困るケースもあるでしょう。

沈黙は気まずいもの。「何か話さなくちゃ」と考えなしに口にした話題が相手にとって地雷になることも。

初デートではしない方が無難な話題があるのです。

今回は初デートでのNGな話題を紹介します。

目次



2022年下半期のあなたの運勢も合わせてチェックしてみてくださいね。



1.経済力を探る話


「初めてのデートでいきなり年収や貯金の額を探られたときは引いてしまいましたね。
内面よりも経済面が気になっているんだなと思ってしまいます」(Iさん・28歳男性/商社)
恋人を選ぶときに、相手の経済力を選択材料に入れるのは、悪いことではありません。
お金の有る無しが、精神的な余裕や幸福度を上下させる傾向があるのは否定できないでしょう。
かといって「私はお金持っている人が好き」と公言するのはスマートではありません。
お金好きをアピールしすぎると「内面を見ない人」と認識されてしまいます。
ましてや初デートで相手の懐具合を探るのはNGです。
「金目当て」「性格は見てもらえない」と思われがち。
単なる話題のつもりで、卑しい気持ちが無かったとしても、マイナスポイントになる話題でしょう。

2.悪口や噂話


「初デートでお酒を飲んだんですが、酔った彼女が同僚の悪口ばかり言い出しました。
人のことを悪く言わない子だと思っていたのでショックでした」(Fさん・30歳男性/営業)
基本的に人の悪口や噂話はデートの話題としては適していません。
悪口はどんなに正当な理由があったとしても、心の中にある黒い部分が見えてしまいます。
「性格良いと思っていたけど、そうでもないのかも」と人間性全体を疑われてしまうきっかけになるもの。
悪口は付き合いが長くなれば、ある程度は許容してもらえますが、付き合いたての時などは悪い印象を与えてしまいます。
あえて初デートで持ち出すような話題ではないのです。

3.結婚を匂わせる話


「初デートで引いてしまったのは『このまま付き合い続けたら、いつごろ結婚することになるんだろうね』って言われたときですかね。
結婚なんて、まったく考えていなかったので少し怖くなりました」(Kさん・23歳男性/サービス)
結婚など将来についての話も初デートでは避けましょう。
シンプルに「今を楽しみたい」と考えて恋愛をしている男性は引いてしまいます。
「上手くいけば結婚もあるかも」という気持ちの男性だって、初デートでいきなり具体的に結婚の話が出ると及び腰になってしまうでしょう。
結婚は人生の重大な決断のひとつ。
いきなりそれを突きつけられると、規定路線に乗せられたような気がして、怖くなってしまうのです。
結婚の話題はタイミングを慎重に見極めてから切り出しましょう。

4.ぶっちゃけすぎた恋愛遍歴


「初デートで彼女がそれまでに経験してきた恋愛の話をしだしたことがありました。
大好きだった彼氏がしてくれたことや、最低な男に都合の良い女扱いされたことなど延々と語りだしたんですね。
自己開示してくれているってことなんでしょうけど、なんか具体的すぎて重たかったです」(Rさん・27歳男性/営業)
付き合い出す前後の期間に、軽い恋愛遍歴や恋愛観などの話をするのは珍しくありません。
しかし、あまりに開示しすぎると、あまりいい展開にならないケースも。
昔の恋人との素敵な思い出を語られると「元カレの話をしていると楽しそうだな」と男性がおもしろくない気持ちになることもあります。
辛い恋愛の思い出も「いきなり重い話だな」と楽しい気分が損なわれてしまいがち。
初めてのデートではあまり恋愛遍歴をぶっちゃけすぎないほうが無難です。
逆に男性の恋愛遍歴をしつこく聞こうとするのも「なんか根掘り葉掘り探られて嫌だな」と喜ばれないケースが大半なので、やめておきましょう。

まとめ


初デートでは「シリアスな話」「相手を探るような話」「ネガティブな話」などはNGだと考えておきましょう。
どう転ぶかはわかりませんが、マイナス印象につながる可能性が非常に高いです。
初デートは、その日を思いっきり楽しめるような話題でがおすすめ。
深い話はお互いについて理解が深まってからにしましょう。
(大船くじら/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。