すき家、ニンニクの芽牛丼はレギュラー化する…? 本社が「正式回答」

しらべぇ




じめじめした蒸し暑い日が続く中、すき家からスタミナ満点なニンニクの芽牛丼が登場。毎年、この時期に食べられる一杯を楽しみにしている人も多いが、なぜかレギュラー化することはない。

本社に問い合わせてみると…。

【写真】すき家広報の回答は…

画像をもっと見る

■レギュラー化を望む声




22日、すき家で「ニンニクの芽牛丼」(並盛550円)と「ダブルニンニク牛丼」(並盛600円)が同時発売された。後者はニンニクの芽牛丼にフライドガーリックをまるごとのせたメニュー。

「ニンニクの芽牛丼」は例年夏に販売されていて、根強いファンが多い。そんな人気メニューでありながらかれこれ10年近く期間限定となっている。

ネット上では、「ニンニクの芽牛丼マジでレギュラーメニューになって欲しい!!」「レギュラー化してたらすき家で働いたと思う」「初発売された頃から大好き」「すき家に行く理由にあたるのはこれだわ」など、レギュラー化を待ち望む声が多数あがっている。

関連記事:すき家、3月2日から「牛カルビ丼に続く新メニュー」登場 これは食べたい…

■旨辛だれが食欲をそそる


ラーメン二郎や餃子など、ニンニクを使った料理をこよなく愛する記者もその1人だ。毎年楽しみにしており、今年もすき家で注文した。



もうこの見た目だけで幸せを感じる…。ニンニクの芽はシャキシャキで、牛肉とよく合う。ラー油と唐辛子をベースにした特製旨辛だれも強い辛さではなく、程よく舌を刺激しつつも食欲をそそる味付け。

余談だが、記者が大学生だった10数年前、夏にアルバイト先のコンビニに向かう前はニンニクの芽牛丼を食べて気合いを入れるのが恒例だった。(後に店長から臭いを注意され、「人と会う前はニンニクは控える」ということを学んだ…。)

■本社に問い合わせた




10年近く期間限定となっている理由について、すき家本社に問い合わせた。

「ニンニクの芽牛丼に限らず、お客様から白髪ねぎ牛丼などの限定メニューをレギュラー化してほしいという声をいただいております。弊社としてもメニューに加えたい気持ちはあるのですが、現場の作業負担を考えると、商品構成上すべてを入れることができないのが現状です。また、スタミナのあるニンニクで暑い夏を乗り越えようという季節感のある商品であることも期間限定の理由の一つです」(すき家広報担当者)。

■レギュラー化の予定は…


今後、レギュラー化する予定はあるのだろうか。「現状予定していませんが、商品構成上ニンニクの芽牛丼をグランドメニューに入れても問題ない時が来ましたら、導入を検討したいと考えております」(前出・すき家広報担当者)。

ニンニクの芽牛丼が1年中、メニュー表に載る日が来るのを期待したい。

当記事はしらべぇの提供記事です。