『仮面ライダーリバイス』映画でケイン・コスギが仮面ライダーダイモンに!

2022年7月22日(金)劇場公開『劇場版 仮面ライダーリバイス』に、ケイン・コスギが悪役仮面ライダーとして出演することが決定。スーパー戦隊シリーズ、ウルトラマンシリーズに加え特撮3大シリーズに出演するだけでなく、すべてで変身する役を演じたこととなる。

『仮面ライダーリバイス』は毎週日曜日午前9時よりテレビ朝日系にて放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品。主人公の五十嵐一輝(前田拳太郎)が大切な家族を守るため、一輝自身に宿る悪魔のバイス(声・木村昴)と契約を結ぶことで、一輝は仮面ライダーリバイに、バイスは仮面ライダーバイスに変身。人間と悪魔がバディを組んだ「一人で二人」の最強コンビの仮面ライダーが戦う姿を描く。

すでにゲストキャストとして解禁されているJO1・豆原一成、八嶋智人、藤森慎吾(声の出演)、立石晴香に続き、今回出演が公開されたのは驚異の肉体を持つ俳優・タレントのケイン・コスギ。

ケイン・コスギが演じるのは、赤石長官とともにかつて<すべての悪魔の始祖>ギフと契約をした男・アヅマ。ギフによって不老不死の肉体を手に入れたのち、人類の存亡をジャッジすべく長い間暗躍してきた。そして劇場版では、ある目的のために、五十嵐元太・幸実夫妻が乗った飛行機でハイジャック事件を起こす。果たしてアヅマの真の目的とは!? <最強一家>である五十嵐家をシリーズ最大の危機に追い詰める敵として、物語において重要な役どころを演じる。

そして、ケイン自らの肉体を活かしたハードなアクションの数々にも挑戦! さらに、その手に握られた異形の変身ベルトによって、超人的な身体能力と格闘術を持つ仮面ライダーダイモンへと変身してより強力なパワーを発揮し仮面ライダーリバイスたちを圧倒する。

ケイン・コスギは1994年に「スーパー戦隊シリーズ」の『忍者戦隊カクレンジャー』でジライヤ/ニンジャブラック役、1995年にはアメリカで制作された特撮テレビドラマ『ウルトラマンパワード』で主人公となるケンイチ・カイ/ウルトラマンパワードを演じた。
ついに満を持して「仮面ライダー」にも出演することが決定し、「スーパー戦隊」「ウルトラマン」、そして「仮面ライダー」に出演し3作品の変身を果たすという偉業を成し遂げている。

ケインは「東映に戻ってこれて嬉しいと思う反面、『カクレンジャー』に出演してから28年が経ち、皆さんの期待に応えられるか心配でした。それでも精一杯務めさせていただいたつもりです」とコメントを寄せている。

ゲストも含めて2大ヒーローが大活躍の『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』、スクリーンでの公開をお楽しみに!

>>>『劇場版 仮面ライダーリバイス』ケイン・コスギ出演関連画像を全部見る(画像3点)

劇場版「リバイス・ドンブラザーズ」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
(C)テレビ朝日・東映AG・東映

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。