『めちゃイケ』パクリ騒動に疑問! 岡村隆史と加藤浩次がキレる違和感

まいじつ

岡村隆史 
岡村隆史 (C)まいじつ 

『週刊文春』6月9日号に、『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系)のパクリ疑惑を巡る『極楽とんぼ』加藤浩次のインタビューが掲載された。古巣への愛を見せて好感度アップといきたいところだろうが、世間の反応は冷ややかなようだ。

加藤は巷で話題になっている「呼び出し先生」の『めちゃ×2イケてるッ!』(同系)パクリ疑惑について、同誌記者の質問に「全く一緒というのは、あり得ないと思う」「心情的にはそんなのアリなんだって感覚はあります」「そこは説明して欲しいというのはありますね」などと回答。

かつて出演していた番組がパクられたことに怒りを見せるという、人情味あふれる一面を覗かせた。『ナインティナイン』岡村隆史も同様に、ラジオで「呼び出し先生」について愚痴を吐いていたが、これに対するネット上の反応は

《片岡はともかく岡村や加藤に許可取る必要ある?》
《まーたチワワが鳴いてるのか》
《ドラマをリメイクしても以前の演者に許可とらんだろ 加藤や岡村は自分をクリエイターとでも思ってんのか?》
《与えられた台本通りに演じてただけの岡村や加藤があーだこーだ言うのは可笑しいべよ 自分らが考えた企画でもないのに》
《台本読んでただけの岡村や加藤がパクリに怒る資格はない》
《岡村や加藤が考えた企画じゃないんだろ》
《フジテレビで制作会社も一緒ならパクリでもなんでもない ただの台本芸人が文句言う筋合いはない》

など、冷静そのもの。自らのアイディアでもないのに、なぜ怒っているのかと疑問が持たれている。

企画が独立した『とんねるず』との決定的な違い


加藤が怒っていいとすれば、それは『とんねるず』石橋貴明のように、自らも企画立案をしていた場合に限られるだろう。

「近年、番組の企画が独立した例で思い浮かぶのは、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同系)内の人気企画『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』。こちらは『みなおか』レギュラー放送終了後も、特番で不定期放送され、MCもそのまま石橋貴明が務めています」(テレビ誌記者)

「とんねるず」と加藤との決定的な差は、自身も立案していたか〝台本芸人〟に過ぎなかったかだ。

「『みなおか』時代の企画は、『細かすぎて~』以外にも石橋のYouTubeで行われています。これは、『みなおか』の企画を石橋自身も考案していたため、そのままフォーマットを持って来られるという強みによるものです。対して岡村や加藤は、別に自ら立案した訳ではなく、放送作家やプロデューサーの考えに言われるがまま従っていただけ。用意された台本を読んでいたに過ぎないのですから、ああだこうだ怒る権利はないし、筋違いかと」(バラエティー関係者)

吉本興業の闇営業騒動然り、威勢よく吠えるはいいものの、空振りに終わるのが加藤の定番か。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ