盗塁が一番うまいと思うプロ野球選手ランキング

gooランキング

野球の醍醐味の一つでもある盗塁。ただ足が速いだけでなく、ピッチャーの癖を盗む技術やスタートのうまさ、スライディングの巧みさなど、盗塁を成功するにはいくつもの要素が必要となります。
そこで今回は、プロ野球史上最も盗塁がうまい選手は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 イチロー(鈴木一朗)
2位 福本豊
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「イチロー(鈴木一朗)」!
「イチロー(鈴木一朗)」
愛工大名電高校からプロ入りし、登録名をイチローに変更した1994年に日本プロ野球史上初となるシーズン210安打をマークし首位打者に輝く。翌1995年には49盗塁で盗塁王を獲得。プロ野球通算199盗塁、盗塁刺わずか33と高い成功率を誇る。2001年にMLBに移籍し、同年に盗塁王を獲得するなどMLB通算509盗塁を記録。日米通算708盗塁。

所属球団(国内):オリックス・ブルーウェーブ
投打:右投左打
生年月日:1973年10月22日
ドラフト:1991年ドラフト4位

2位は「福本豊」!
「福本豊」
大鉄高校(現・阪南大高校)から松下電器を経てプロ入りし、2年目の1970年にレギュラーに定着すると75盗塁で盗塁王を獲得。以降、14年連続50盗塁以上をマークし、13年連続盗塁王に君臨する。1972年には現在も日本記録として残るシーズン106盗塁を記録し、当時の世界記録となる通算1065盗塁で引退した。

所属球団:阪急ブレーブス
投打:左投左打
生年月日:1947年11月7日
ドラフト:1968年ドラフト7位

1位は「赤星憲広」!
「赤星憲広」
亜細亜大学からJR東日本を経てプロ入りし、入団1年目の2001年に39盗塁で盗塁王を獲得するとセ・リーグ記録となる5年連続盗塁王に輝く。2004年には1990年代以降では最多となる64盗塁をマークするなど3度の60盗塁以上を記録した。しかし脊髄損傷の大けがを負い、わずか9年で現役を引退。通算381盗塁はプロ野球史上9位タイ。

所属球団:阪神タイガース
投打:右投左打
生年月日:1976年4月10日
ドラフト:2000年ドラフト4位

ということで、元阪神タイガースのスピードスターこと赤星憲広が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~44位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが盗塁が一番うまいと思うプロ野球選手は、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:544票
調査期間:2022年5月14日~2022年5月28日

当記事はgooランキングの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ