森三中・大島、小学生時代に起きた“事件” 「置いたお皿がないって…」

しらべぇ




17日、お笑いトリオ・森三中が自身のYouTubeチャンネルを更新。大島美幸が小学生時代に起きた事件を明かした。

【動画】森三中が好きなものを持ち寄ってトーク

■あんこを綺麗に食べ切る大島


この日の動画では、各々が好きなものを持ち寄り、トークをする「喋り隊」のコーナーを開催。そんな中、大島は夫が作った毛ガニの味噌汁と京都祇園あのん銘菓手作り最中「あんぽーね」を用意した。

「あんぽーね」は、あんことマスカルポーネをつけて食べるもので、「甘じょっぱい! おいしい」と大絶賛。瓶に入ったあんこを、中身が空になるまで綺麗に食べ切っていた。

関連記事:森三中・黒沢、マックポテトおすすめの食べ方紹介 「これが一番好き」

■小学生時代に起きた事件


この様子を見た黒沢かずこは、「大島さんが何年にも渡って語り続けているエピソード」と話を振る。そのエピソードとは、大島が小学生の頃、給食を器がピッカピカになるまで綺麗に食べ切ったことがあったそうで、その器を誰かが間違えて使ってしまった…という話。

これに3人は爆笑。大島は「私がさっき置いたお皿がない! って気が付いたの」と当時の状況を説明し、綺麗に食べ切った方法について「舐めたんだよ」と笑わせる。

■息子がやっていたら…


黒沢は「よく給食で思春期の女子がさ、ベロっていけるよね」とツッコミ。さらに「もし笑福(息子)がやってたらどうする?」と質問すると、大島は「いや、怒るでしょ。怒るよ、はしたないって怒るよ」と話した。

3人の仲の良さが伝わる内容に、動画コメント欄では「森三中さんのこのゆるさ、気取りのなさが好き」「まったりな感じのおしゃべりほのぼのする」といった声が寄せられている。

■森三中が好きなものを持ち寄ってトーク



当記事はしらべぇの提供記事です。