ジョン・レジェンド、新曲「ハニー」に注目シンガーのマニー・ロング参加

Billboard JAPAN



ジョン・レジェンドが、新曲「ハニー feat. マニー・ロング」をリリースした。

この新曲は、今年5月に発表された「ドープ feat. J.I.D」と対をなすような雰囲気を持った楽曲となっている。「ドープ」が夏の眩い昼間を思い起こさせるとしたら、この「ハニー」はそんな昼が去り、それでもその熱に浮かされ続ける永遠に終わらない夏の夜を感じさせる。今作でもライアン・テダー(ワンリパブリック)らがプロデューサーとして名を連ねている。

そして、この新曲にはシンガー、マニー・ロングがフィーチャリングされている。先週6月10日に「Baby Boo」と題された、今年のサマー・アンセムとの呼び声も高い楽曲をリリースしたばかりの、今R&B界で熱い注目を集めるデフ・ジャム所属のアーティストだ。

元々はコンポーザーとしてリアーナ(「カリフォルニア・キング・ベッド」)、マライア・キャリー、マドンナ、セレーナ・ゴメス、フィフス・ハーモニーなどのヒット曲の作曲に関わってきたが、自らアーティストとして活動することを決意し昨年デビューを果たした。「Hrs and Hrs」という楽曲がいきなりTikTokなどでバイラル化し、全世界で3億回のストリーミングを記録している。

ジョン・レジェンドは、この曲について「マニー・ロングのような素晴らしいゲストを迎えて曲を作れたことに感謝している」と語っている。前シングル「ドープ」は“ニュー・アルバムからの楽曲”とアナウンスされており、新作の詳細発表にも期待が高まる。

◎リリース情報
シングル「ハニー feat. マニー・ロング」
配信中
https://umj.lnk.to/JohnLegend_MuniL_Honey

Photo: Eric Williams

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ