育児の戦場から脱落した夫を少しでも役に立つ存在に変える方法

yummy!


育児の戦場から脱落した夫を少しでも役に立つ存在に変える方法

育児を妻ひとりが行うのは、精神的にも肉体的にもきついもの。
仕事を理由に育児をしない夫たちに嫌気がさし、諦め、見放している妻たちもいるのです。
育児をしない夫を少しでも役立たせるには、どうすればいいのでしょうか。
今回は、育児の戦場から脱落した夫を少しでも役に立つ存在に変える方法を紹介します。

目次

なぜか育児をしない夫たち


育児を妻に任せ、まったく育児に協力しない夫は珍しくありません。
育児を完全に任せたいとは言わなくても、父親として子どもに接する時間はもっと持ってほしいですよね。
そこで今回は、育児の戦場から脱落した夫を少しでも役に立つ存在に変える方法を紹介します。

夫を育児に目覚めさせる方法


一気にイクメンにするのは無理でも、少しずつ夫を育児に協力させるようにしましょう。

(1)夫に1日育児を任せる


「夫をイクメンにしようとしたのですが、そもそも育児の何が大変なのかわかっていなさそうだったのです。
それなら夫に、育児の大変さを痛感してもらうと思いました。
美容院やネイルサロン、マッサージなど、1日に予定を詰め込んで、育児を1日お願いしました。
夫はかなり機嫌が悪くなっていましたが、育児のつらさはわかってくれたようです」(27歳女性・事務)
育児と一口に言っても、いろいろすべきことがあるんだという部分は理解してくれたようです。

(2)育児のコツを少しずつ教えた


「夫が育児に非協力的なのは、育児って何をすればいいのか、知識がないからなのではないかと考えました。
保育士で育児に特化した動画を教えてあげたり、育児のコツを少しずつ教えてあげたりしました。
またできた部分は大袈裟に褒めるなど、夫も大きな子どもとして接するように心がけましたね」(30歳女性・IT)
毎日、子供と接し、育児について学んでいるうちに、育児への理解が深まるもの。
育児超初心者の母親と比較しては、夫もつらいだけです。
育児のコツや、理由を噛み砕いて教えてあげれば、夫も少しずつ育児への理解を示すでしょう。

(3)夫が子供と触れ合う時間を作った


「夫に上から目線で命令してばかりでは、思うように育児が進まないのではないかと考えました。
入浴と寝かしつけを夫と子どもの時間にすることで、少しずつ子供との距離が縮まったように思います。
最初は体の洗い方もぎこちなかったのですが、ゆっくり時間をかけて、洗い方を教えました。
今では安心して洗えるようになりましたよ」(31歳女性・医療)
子どもと一緒にいる時間が短いのに、育児を任せようとするのは難易度が高いまま。
夫と子どもが一緒にいる時間を増やすことで、子どもや育児への理解を深めさせましょう。

(4)具体的にダメ出しをする


「夫は育児を全くしてこなかったからか、まるで大人に指示するように、子どもに叱りつけるのです。
子どもが片付けをしないと、犬をしつけるかのように手を叩いて“はやく!”と叫ぶだけ。そんな言い方じゃ、子どもは当然動きません。
このままじゃ育児嫌いになるだけだと思い、“子どもはどうやって片付けをするのかわからないから、遊び心を交えて、一緒にお片付けの方法を見せてあげてね”と指示しました。
すると夫も伝え方がわかったらしく、その点はクリアできたようです」(25歳女性・アパレル)
子どもに伝えるには、遊び心も大事。
ただ上から押さえつけるような言い方では、子どもも拒否してしまいます。
何がダメなのか、具体的にダメ出しをすることで、夫も改善しやすくなりますよ。

夫を育児になれさせるには、時間がかかる


育児に積極的な男性は珍しく、妻に育児を任せきりにする人も多いようです。
しかしそのままでは子どもと父親の距離感は縮まらないまま。
面倒と感じるかもしれませんが、具体的にどうすればいいのか、妻も協力しながら育児に協力させてくださいね。
(番長みるく/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ