圧巻の法廷劇!ドラマ『元彼の遺言状』第10話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

綾瀬はるか主演ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系列)の第10話が6月13日に放送された。

麗子(綾瀬はるか)は6年前の『十ヶ浜強盗殺人事件』で殺人犯にされてしまった篠田(大泉洋)の冤罪を晴らすため、事件現場となったリストランテ『プロメッサ』を訪れる。

麗子と橘(勝村政信)が当時の関係者たちから事実関係を確認するも、どの人物も「見ていません」「お話しすることはありません」の一点張り。そんな時、麗子が事件の鍵を握っていると睨んだ診療所の医師・高瀬(東根作寿英)が遺体で発見されて…?

第10話のあらすじ&見どころをご紹介!

第10話のあらすじ

『十ヶ浜強盗殺人事件』の裁判がはじまった。

麗子は篠田の無実を証明すべく初めての刑事事件に挑む。しかし、麗子たち弁護側にとって大切な証人となるはずだった高瀬が死亡し、状況は不利だった。無実を主張する篠田だったが、検察側の主任検察官・三瀬(八嶋智人)は、証拠品一覧に書ききれないほどの証拠品を揃えてきた。

篠田の指紋がついた凶器や、現金が抜き取られた被害者の財布、被害者の血痕が付着したエプロンなど、物的証拠を提示し、篠田を犯人だと決定づけていく。さらに、証人尋問でも篠田が被害者の小笠原(田山涼成)と言い争っていたとする証言しか出てこなくて…?

見どころ

圧巻の法廷劇!

麗子が刑事裁判に挑むのは研修時代を除いて初めて。篠田の無実を証明できる証拠品もなく、NG行為を連発して裁判員の心象を悪くしてしまう麗子。検察側の「意義あり!」が何度も出るなか、嘘をついている証人に迫り、真実を引き出していく。

麗子を演じる綾瀬はるかの長ゼリフと圧巻の演技に引き込まれる!本作で初めて描かれる法廷劇に注目!

麗子の言葉の重み

裁判を通して語られる麗子の言葉が胸に刺さる。その言葉には麗子の篠田への思いが詰まっていて、普段の素っ気なさとのギャップが視聴者の涙を誘う。

『十ヶ浜強盗殺人事件』の真相が明らかになる第10話からも目が離せない!

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ